腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

海水温上昇の問題

銚子港にも秋刀魚が水揚されました。
9月に入り、季節は秋!と言いたいところですが、まだ暑い日が続いています。
この暑さ、実は海の中にいる魚たちにも影響が出ているんです。

チョットマニアックな資料ですが・・・ご覧ください。
これ、今日の銚子周辺の海域に流れる海水の温度なんです。
黒いところが陸地、オレンジや赤のところが海です。
海水温
海であるところに「26」とか「29」と表示されている数字が海水の水温。
実際はこれより高いことがあるそうです。

海水が、29℃??
実はこの水温、熱帯魚が飼える水温だったりします。
こんな温かい海水を普通の魚が泳ぐと・・・鮮度は落ちます。

原因は何か?
地球温暖化の影響だと言われているそうです。
そして今年の夏に多い、ゲリラ豪雨と関係があるそうです。

ゲリラ豪雨は海水の表面温度上昇と関係があります。
8月頃から海水温の上昇が始まり、現在は例年と比べて4℃ほど上昇しているとのこと。

驚くことに、海水温の1℃上昇を気温に換算すると、
4℃~5℃も上昇したことと同じなんですって!
つまり、20℃以上も海上の気温が上がっていることになります。
このため、上昇気流の発生が激しくなり、雷雲ができやすくなっているんです。

今季も海水温が高いなどの影響で不漁が予測されているようです。
水揚げ
例年、サンマ漁は9月から10月にピークを迎えますが
海水温がどのようになって行くのか・・?海況、漁況は全く不詳です。
現在、海況を見ると北海道の沖にも高い暖海水があり、停滞気味。

いつもなら9月に入れば、さんまの魚体も大きくなるし、これからの大漁を期待したいんですが、
例年とは海の様子が違う。海水温が高く、漁場を探すのに苦労する・・・そんな状態だそうです。

築地の場外市場に並ぶさんま、1匹¥120~¥280までさまざま。
同じさんまでも、大きく太ったさんまが美味しいのは当然。
けど、高嶺の花となってしまうんですかね・・・。不安です。
0825 0721

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

サンマはどうなる?

海水温がこんなに高温だと改めて知りました
この温度ではサンマは南下して来られませんね
美味しいサンマをたくさん食べられる日を待っているのですが、気がかりです。

tonekamome | URL | 2012年09月12日(Wed)06:14 [EDIT]


実はイワシも・・・

いつも、コメントありがとうございます。

心配ですよね~。
実はイワシも同じことが懸念されています。

ここ数日、例年通り銚子港ではイワシの水揚があります。
しかし、私どもでは「イワシ料理」のご提供を見合わせております。

理由はさんま同様に、水温が高い海域を回遊しているイワシの
鮮度における問題が解決できないから・・・。

鰯という字は、魚へんに弱いと書きます。
それだけ、鰯は弱いと言うこと。

鰯のお刺身やお寿司、いわしづくしなどのお料理は、
この状況が変わらない事には、再開できません。

いわしの美味しさは、鮮度も含めての美味しさだと思います。
いつもどおりの海に戻ってくれることを、心待ちにしています。

そして、秋の味覚「さんま」が、十分堪能できることも併せて・・・


> 海水温がこんなに高温だと改めて知りました
> この温度ではサンマは南下して来られませんね
> 美味しいサンマをたくさん食べられる日を待っているのですが、気がかりです。

カナさん | URL | 2012年09月12日(Wed)09:38 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。