腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初日の出の前に部分月食

本日の銚子市周辺、
昼間の雨と終日吹いていた強風で
今晩の空はとてもきれいです。


1231 027
銚子市の長崎海岸周辺から見た「月明かりに照らされる海」です。

全国的に、1月1日は初日の出で盛り上がっていますが、
実は月食もあるそうなんです。

元旦の初日の出前に見られます!

つまり、除夜の鐘を聞いて初詣をすませた帰り道に、
西の空で部分月食を見る事ができるんだとか・・・

スケジュールは
  3:51頃、西の空の高いところで欠け始める
    ↓
  4:21頃、一番大きく欠ける
    ↓
  4:58頃、月食が終了

一番大きく欠ける時でも、月の直径の10分の1も欠けていないので、
よ~く見ないと「え~っ、欠けてる?月食になってないよ!」なんて
わからないかもしれませんね。
双眼鏡や望遠鏡等ろ使い、月を拡大して観測すると、
わかりやすくなると思いますよ。

欠け具合はわずかですが、
新年の運試しという意味でぜひとも見ておきたいところです。

年越しの初詣に出かけたら、
初日の出が昇ってくるまでの間に
月食観察を楽しんでみてはいかがですか?


ちなみに、今晩の銚子・犬吠崎。
昨日に引き続き、月と灯台がとてもキレイに輝いていました。
1231 034

そして、明日の初日の出を見るためにすでに
こんなにたくさんの車両がスタンバイしています。
しかも、キャンピングカーが目立ちます。
1231 043

月明かりに目が慣れると、とても明るく感じます。
そして優しい気持ちになれます。
そんな年越しも、なんだか素敵ですよね。

みなさま、良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト

PageTop

大晦日の銚子市内。

銚子市内は、昼過ぎまで時々怪しい雲が広がり、
昼ごろに「霙(みぞれ)」の様な、「雹(ひょう)」の様な
冷たいものが降っていました。
その後、にわか雨がサーッと降りました。
銚子地方、これが今シーズンの初雪です。

午後は、太陽が時折射しましたが
風が冷たく吹き、今年最後の夕日も見る事ができませんでした。
1231 007
どこの天気予報を見ても明日の銚子の天気は「冬晴れ」との事。
そして冷たい風が強く吹いて、とても寒い一日になりそうです。

神々しく、眩しい初日の出、
銚子・犬吠埼の水平線をオレンジ色に染め上げるんでしょうね。

ご来光を見る確立は高くなりましたが、かなり冷えます。
最高クラスの防寒対策をしっかりとして、
温かくして、お出かけ下さい。



市内の神社やお寺は、初詣の準備が整っていました。
当然ですがまだお参りの方はお見えになっていません。
1231 045
白幡神社
人っ子ひとりいません。

1231 051
飯沼観音
月の灯りと朱塗りの拝殿のコントラストがきれいでした。

PageTop

こんな銚子の夜景、いかがですか?

今回ご紹介する景色、
銚子へお越しになる観光客の皆さんはもちろん、
銚子市にお住みになっている地元の方でも
あまりご存知の方はいらっしゃらないのでは?と思います。

今晩の銚子、とてもきれいな月が出ていました。
所用があり、犬吠崎方面を車で走っていたら・・・
1224 048
銚子市海鹿島町辺りの海岸から見た景色です。
すごくキレイだと思いませんか?
まるで、宮沢賢治の本に出てきそうな、そんな風景。

月夜の晩、あまりの明るさに海面がキラキラと光り輝き、
水平線には、船の灯りが見えます。

そのまま車を進めると、君ヶ浜しおさい公園の辺りで
さらにきれいな景色が目に飛び込んできました。
1224 053
暗闇に輝く白亜の犬吠崎灯台と月夜に照らされた海です。
チョット雲が出ていますが、あまりのキレイさに
少し見とれてしまいました。

君ヶ浜しおさい公園から見る犬吠崎灯台の景色は、
昼だけではなく、夜にもこんな美しい表情を見せるんですね。

横浜やお台場の夜景に比べたら、かなり地味ですが、
けど、趣があり、個人的には好きです。

画像ではなく、実際に肉眼で見ると
光のバランス、グラデーションが
もっと、もっと、きれいに見えますよ。

銚子にはこんな夜景もあります。

PageTop

今年も1年間、ありがとうございました。

本日、12月29日をもちまして、
「銚子さかな料理 かみち」は、
2009年度の営業を終了させて頂きました。

今年も多くのお客様にご来店頂きまして、
誠にありがとうございました。


未曾有の不景気の中、
例年に無く忘年会の少ない12月でしたが、
最終日の本日は、賑やかで大きな忘年会が数件あり、
忙しく最終日を迎えることができました。


「35,000」 この数字は、
この1年間に「銚子さかな料理 かみち」にお越し頂いた
お客様の総人数です。

地元・銚子市のお客様、
観光で銚子市にお越しになったお客様、
お仕事等の出張や営業で銚子に通われているお客様、
全国から千葉科学大学へ来られた学生の皆さんとその親御さん、
帰省等の里帰りで久しぶりに故郷銚子の土を踏む、銚子出身のお客様、
今年も、いろいろなお客様にご来店いただきました。
これら以外にも、多くのお客様、おひとり、おひとりに
励まされ、支えられた、充実した1年でした。

みなさまの「美味しかった!」というひと言と、
たくさんの笑顔が、私どもにとって、とても嬉しく、
明日への活力に繋がります。

どうぞ来年も、「銚子さかな料理 かみち」で
楽しい時間、美味しい時間をお過ごしくださいませ。


12月30日・31日は
誠に勝手ながら、お休みを頂戴いたします。

新年は1月1日より皆様のお越しをお待ち申し上げております。
NNカレンダー

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


          銚子さかな料理 かみち
                      女将  上地 政江

PageTop

気になる年末年始の空模様・・・

夕方のニュースで、気になるお天気の解説をされていました。

明日の水曜日は、日本海側から雨や雪となるそうです。
関東や東海も雲が増えて、にわか雨の可能性も。
日差しは控えで、冬らしい寒さになるそうです。
と言うわけで、帰省や旅行へは、暖かい格好で
傘を持ってお出かけをしたほうが良さそうですね。

そして大晦日は、冬の空気が流れ込み、
風も強く、寒さが身にしみる一日に。
大掃除をされていない方は、明日がお勧めですよ。


肝心な、銚子周辺の天気ですが・・・。
 晴れ、時々曇り
  最高気温7℃
  最低気温4℃
  降水確率10%
 (2009/12/29 発表)
「確実に、見れます!」という状況ではなさそうですね。
けど、どうせなら、キレイな初日の出を見たいですもんね。
祈ろうかな・・・空に・・・。(笑)

大晦日〜元日は、いつものように寒気が到来!
冷たい北風が吹いて、厳しい寒さになります。
銚子周辺は海風が強く吹き、体感気温は更に下がると思います。

ということは、寒さ厳しい年越しになりそうですね。
初日の出や初詣のおでかけには、暖かい服装でお出かけ下さい。
お風邪など引かれませんよう、お元気にお過ごしください。


きれいな初日の出が見れるように、
テルテル坊主でもつくろうかな・・・そんなことを考えています。

PageTop

銚子・犬吠崎 初日の出 おでかけ情報②

銚子・犬吠崎で初日の出をご覧になるご予定の方は、
十分に時間に余裕を持ってお出かけ下さい。


そしてお出掛けの際は、
公共交通機関の利用をオススメします。

【JRをご利用の場合】
JR東日本・千葉支社では、初日の出のご来光を目指す方のために、
特別ダイヤで列車を運行しています。
高尾を1:33に出発する「犬吠初日の出1号」は、
中央線経由で新宿・錦糸町を通り、千葉・成田を経由して
銚子に4:22に到着します。

これ以外にも・・・
「犬吠初日の出3号」が
  成田駅4:02発 → 銚子駅5:06着
「銚子初日の出号」が
  成田駅4:16発 → 銚子駅5:28着  と、臨時列車が運行されます。

詳しくは、JR深夜臨時列車のご案内をご確認ください。


銚子駅に到着後は、銚子電鉄に乗換えて
「君ヶ浜」または「犬吠」へ向かいます。
臨時ダイヤで運行されています。
  銚子駅4:33発 → 犬吠駅4:50着
  銚子駅5:18発 → 犬吠駅5:35着
  銚子駅6:02発 → 犬吠駅6:19着
(通常の終点、外川駅までは行きません、犬吠止まりです)

詳しくは、銚子電気鉄道のHPをご確認ください。


【お車をご利用の場合】
12月31日の深夜から1月1日の夜明けまでの時間帯、
市内の道路は車が溢れて、ほとんど動きません。
ある程度、覚悟してお越しください。(笑)

皆さんが目指す目的地は、
銚子・犬吠崎にある「君ヶ浜しおさい公園」。
 東金・匝瑳・旭方面からの国道126号線、
 成田・佐原・小見川方面からの国道356号線、
 鹿島・神栖方面からの国道124号線、
この3路線を中心に、銚子市に車が集結し
市街全体が大渋滞になります。

車が大変込み合い、初日の出スポットである犬吠埼周辺では、
交通規制も敷かれます。
毎年よくあるのが、「初日の出時刻まで到着できない」と言う事態。
これも十分に考えられます。

また、犬吠埼灯台前園地やその周辺の遊歩道は、
危険防止のため一部立入禁止区域を設けられています。
あらかじめ、ご注意ください。
岩場は、冬季・夜間のため階段等大変すべりやすいので、
ケガのないよう十分にご注意ください。

2010年 初日の出 交通規制インフォメーション


詳しいお問い合わせ先:銚子市役所・商工観光課
           TEL 0479-24-8707(直通)

PageTop

銚子・犬吠崎 初日の出 おでかけ情報①

今年もあと数日。
そろそろ、初日の出を見に行く計画を立てる、
そんな時期になりました。

2010年も、縁起の良い初日の出を拝みに行き
素敵な1年が過ごせるように・・・とお考えの方、
全国的にも有名な初日の出スポット
「銚子市の犬吠埼」をオススメします!

2009年の初日の出も、5万人もの方が
銚子の犬吠埼を初めとする銚子市全域から
初日の出のご来光を拝んだんだとか・・・
2009日の出
<2009年1月1日、犬吠崎の初日の出>

ここ君ヶ浜は、日本の渚100選にも選ばれた砂浜。
どこまでも広がる雄大な太平洋、
岩場に荒々しく打ち寄せる波しぶき、
そして白亜の犬吠崎灯台が佇む、申し分ないロケーション。
そんな風景のなか、水平線から顔を出す初日の出は、
思わず息を飲むほどの素晴らしさです。
全国的にも初日の出の撮影スポットとしては、有名なんだとか。

そんな気になる犬吠埼の初日の出、
2010年1月1日の気になる天気予報は・・・

 晴れ、時々曇り
  最高気温8℃
  最低気温3℃
  降水確率10% (2009/12/27 11:00発表)  

まずまずの天気なのではないでしょうか?
ただ、日の出が観測できる頃の早朝の天気は変わりやすいので
まだまだ油断は禁物です。


千葉県銚子市は、よく日本で一番早く日の出を見る事ができると言われています。
ふと、「それって、ホント!?」と思ったので調べてみました。

厳密に言えば、日本で一番早く初日の出を見られるのは、
「南鳥島」なんだそうです。その時刻は、5時27分。
南鳥島

確かに日本の領土内ですが・・・
けど、人が住める場所でもなく、行くこともできない場所なので
初日の出観測は困難です。


南鳥島に続くのが・・・
「南硫黄島」で、6時17分
南硫黄島

「硫黄島」で、6時19分です。
硫黄島

けど、ここにも初日の出観測は困難です。
(「南硫黄島」は完全に無人島、「硫黄島」は全島が自衛隊基地)

あきらめずに、次に続くのが・・・
「小笠原・母島」6時20分
母島

「小笠原・父島」6時21分
父島

人が居住している場所で一番早いところがここです。

そして、「西之島」6時26分、「鳥島」6時36分、
「青ヶ島」6時42分と続きますが、すべて島嶼部です

現実的なところで、
北海道・本州・四国・九州の中で1番早いのが
「富士山頂」6時42分となるそうです。
けど、このご来光を拝むには、6時間から7時間掛かります。
そう思うと、あまり現実的ではありません。
(寒いし・・・)

くじけずに、続きを調べると・・・
「八丈島」6時44分、
「択捉島東端(北方領土)」6時44分、
「色丹島東端(北方領土)」6時46分と続き、

北海道・本州・四国・九州の平地で
1番早く初日の出を見る事ができる場所として
「銚子・犬吠埼」が、6時46分となります。


地図で見ると、日本の最東端は、北海道根室市の納沙布岬なんですが、
季節により地軸の傾きが変化することから、
冬季(元日前後の約10日間)に限っては、
銚子市の犬吠崎が一番早く初日の出が見らるんだそうです。
チョット、お得な感じがしますよね。


犬吠崎以外でも、銚子市で初日の出を見る事ができるスポットとして
地球の丸く見える展望台があります。
銚子市で一番高い場所、愛宕山(海抜73.6m)にある展望台です。
標高90mの展望台は、ぐるっと360度の大パノラマが見渡せる絶景スポット。
地球って丸いんだなぁ~と実感できるはず。

お天気がよければ・・・
北は鹿島灘から筑波山、東と南は太平洋、
そして西は屏風ケ浦から九十九里浜まで見渡すことができます。
銚子半島が海に囲まれていることを実感できる展望台からは、
犬吠崎灯台を見下ろすように、海からのご来光を見る事ができます。


当日の初日の出は、雲に邪魔されずに、
水平線から、ぽっこりと出てくる日の出を見れるといいですね。

PageTop

猿田神社 その②

銚子市の奥座敷とでも申しましょうか、
猿田神社、実は『お水取り』のスポットとして
関東でも有名な神社なんだそうです。
併せて、土の神の言い伝えもある様で
『お砂取り』も可能な神様なんだそうです。


目指す『ご神水』と『ご神砂』を頂戴できるスポットは、
境内ではなく、本殿裏の奥宮にあります。
すぐそばまで車で行くことができます。

とは言っても、焦らずに、
まず本殿にご参拝してから、奥宮に進んでください。

猿田駅そばにある「そば萬屋」の裏道から線路を渡る細い道があります。
道なりに進み左折、さらに道なりに行くと車の御祓い場があります。
その先に猿田神社の駐車場があります。

駐車場入口

少し手前に鳥居があり、この鳥居が奥宮への入口になります。
奥宮入口

しばらく進むと・・・ご案内板が出てきます。
先に奥にあるご神水の湧くところへ・・・
1210 005

さらに奥に進むご案内看板
1210 008

目の前が開けると、そこに広がるのが「お水取り」スポットです。
1210 009

必要なだけをお持ち帰りください。
そして、“ムシ”や“ヘビ”にご注意下さい。
1210 010

1210 011

ご持参されたPETボトルや、ビンなどに頂きます。
1210 012


ご神水を頂戴したら、次はご神砂を頂戴します。
来た道を戻ります。
すると、ご神砂をいただける場所に着きます。

必要な分だけをお持ち帰り下さい。
1210 006

ご自身で「ここだ!」と思われた場所を目指します。
1210 017

粘土質っぽい土に見えますが、意外とサラサラしたお砂です。
1210 016


ここは、あまり人も来ない場所なので、
のんびり深呼吸するには、うってつけの場所です。
自然の中で、そして神聖な場所で、
とても気持ちが良く、心が穏やかになります。



詳しい事は良くわかりませんが、
「お水取り」とは・・・
自分にとっての吉方位へと足を運ぶものなんだそうです。
その吉方位の神社の湧き水。又、吉方位に湧き上がる自然水。
そこの場所から「お水」をいただき体内に取り入れます。
その水を持ち帰り、数日飲むことで、
その土地の「気」のエネルギーを吸収する開運法なんだとか。
ただし、自然水は殺菌されていません。
摂取される場合は、ご自身の責任でお飲みください。

また、お水取り・お砂取りをするのに適した日があるそうです。
お水取りを行う方位は人それぞれ違います
九星気学の方位学に基づき割り出していきます。
その年の年盤・月盤・日盤・時盤の4つが重なることを
四盤揃いといい「最大の吉方位」とされ、一年間に数日しかないそうです。
最大のパワーが重なった日にお出かけされるのが、
効果的なんだそうですって。

PageTop

夜の「銚子・犬吠崎灯台」

昨日ご紹介した「犬吠埼灯台クリスマスイブ夜間特別公開」
今日はどうなっているのかな?と思いながら、夜の犬吠崎に行ってみました。

まっ当然ですが、今晩の灯台は“いつもの灯台”と一緒でした。
1224 022
けど、暗闇に浮かぶ灯台は、
白亜の灯台の名に恥じない、とてもキレイな灯台でした。
灯台周辺は、基本的に真っ暗な場所なので、
余計にそう見えるのかも・・・。

灯台を背に、反対側を見ると、宿泊施設の照明が
海にキレイに反射していました。
1224 033
この画像だけ見ると、なんだか熱海みたいですよね。

銚子市には、夜景スポットと言われる場所が、あまり無いですけど
夜の灯台ウオッチング、なかなかいいものですよ!

ただ、周辺はあまり明るい場所ではないので、
くれぐれも、お足元にはご注意下さい。
そして冬は海風が強く、とても寒い場所です。
暖かくして、お出かけされることをオススメします。

PageTop

「銚子・犬吠崎灯台」でクリスマス★

銚子市にある犬吠埼灯台は、とても美しい灯台です
「世界灯台100選」に選ばれた灯台であり、
「日本の灯台50選」にも選ばれている、日本を代表する灯台の一つです。
歴史的文化財的価値が高いので、Aランクの保存灯台ともなっているそうです。
また、全国に6つしかない最大の第1等レンズを使用した第1等灯台でもあるそうです。
(詳しい事はよくわかりませんが・・・一言で言えば、とても価値のある灯台なんです)
inubo_10.jpg

そんな犬吠崎灯台をクリスマスイルミネーションで飾るイベントが
毎年12月24日の1日限定で行われました。
都内・六本木ヒルズ、表参道、銀座等の街を彩る様な
輝く光、きらびやかな華やかさはありませんが、
海に囲まれ真っ暗な岬に立つイルミネーションは、
画像では表現できないほどひときわ美しく、きれいに見えます。
2008Xmas_2.jpg
「犬吠埼灯台クリスマスイブ夜間特別公開」として
この日は、午後4時から7時まで入場無料で灯台に登ることができます。

全国でも珍しい、銚子だけの特別なクリスマスイブ。
普段は登れない夜の灯台を昇りきると・・・
太平洋を航行する船の灯かりが、
大海原に広がるキラキラした宝石の様です。


そして、市内の高校生が演奏するクリスマスミニコンサートがあったり
一夜限りのイベントは、素敵な思い出となるでしょう!
2008Xmas_1.jpg

次回は、来年まで待つしかありませんが、
こんなクリスマスイブの過ごし方ができるのも、素敵ですよね。


ちなみに、犬吠崎灯台を昇りきるのには、99段の階段を昇ります。
明治7年にできた灯台なので、もちろんエレベーターなんてありません。
昇るには、なが~い螺旋階段を息を切らせながら登ることになります。
これは当時、犬吠崎灯台に携わった英国人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンが
近くの九十九里浜にちなんで99段の階段を設計したんだとか。
一度昇り始めたら、昇り切るしかありません。
がんばって昇りきると、そこには雄大な大海原の太平洋が眼下に広がる、
息を呑むような荘厳な景色が待っています。


通常は以下の内容で一般公開されています。
【開館時間】
  AM 8:30 ~ PM 4:00 年中無休
  (雨天等業務都合により中止の場合あり)

【料金】
  大人 : 200円 (小学生以下無料)

【所在地・連絡先】
  銚子電鉄 犬吠駅より徒歩7分
  銚子市犬吠埼9576  TEL : 0479-25-8239

PageTop

ジュワッ!

ジュワッ・・・! ジュワッ・・・! ジュ~ッ・・・・。
1221 039①

なんかそんな音が聞こえてきそうな夕陽です。
年末に向け、太陽が沈むポイントも、夏に比べたら、
かなり移動しています。(まっ、あたり前ですが・・・)

ポイントは、銚子市の夕陽ビューポイントである
「銚子マリーナ」の先にある、砂浜です。

全く雲が無い快晴の夕陽ではありませんが、
水平線ギリギリの雲が、
かえって空の色をキレイに映し出している様にも
思えます。

屏風ヶ浦沿い、はるかかなたには九十九里浜も見ることができました。
ただ、写真では少し見難いかもしれませんが・・・。
1221 034


朝陽と夕陽、どちらが好きですか?と言う質問をすると、
夕陽が好きとお答えになる方が多いように思えます。
どうしてなのかな~?と思いますが・・・
終わり行くもの、去り行くもの、消え行くもの、などなど
そういったものに対して、
はかなさみたいな感情が生まれるからなのでしょうか?

銚子市は、夕陽もとてもきれいなスポットです。
夕陽ウオッチングに訪れるのもいい場所ですよ。
しかも今の時期は、きれいに見えるベストシーズンです!


P.S
最近、夕陽観察が少しづつライフワークになりつつある・・・
そんな気がします(笑)

PageTop

今日は冬至です。

本日放送のテレビやラジオの中で、
何度と無くお聞きになったのでは?と思います。

廿四節気(にじゅうしせっき)の中のひとつ、
古代中国でつくられた季節区分法です。

一年中で昼が一番短く、夜が一番長い日です。
この冬至に
「ゆず湯」に入り「冬至かぼちゃ」を食べる
という風習が日本にはあります。
みなさんも小さい頃に何度かご経験されているのでは?


「ゆず湯」は、厳しい寒さの中でも健康に暮らせるようにと、
浴槽に柚子を浮かべてはいるお風呂のことです。
yuzuburo.jpg
ゆず湯は、風邪を防ぎ、皮膚を強くするという効果があります。
冬至は湯につかって病を治す―湯治(とうじ)にかけています。
柚子は融通が利くようにと願いが込められています。
江戸庶民から生まれたとのことです。
こういったお話、なんだか素敵ですよね。


「かぼちゃ」は、厄除けになる、病気にならないと言われています。
実際にかぼちゃには、カロチンやビタミンが多く含まれています。
かぼちゃの煮物
冬にビタミンなどの供給源が不足した時代は
かぼちゃは貴重なものだったといえます。
昔の方は、理にかなったことをされているなぁ~と、いつも思います。


本日の千葉県、今年一番の冷え込みだったそうです。
日中は、雲間からさす太陽の日差しで、少し暖かくなるそうです。


銚子には、まだまだ自宅の庭木や、裏山などに
柚子の木を持ってらっしゃる方が、多くいらっしゃいます。
大都市を中心に、百貨店やスーパーマーケットなどでは、
柚子風呂用の柚子を販売しています。

どちらにせよ、なんらかの方法で柚子を入手して
今晩は、久しぶりに柚子湯なんかに浸かって、身体の芯まで暖まり
ぐっすりと眠る、そんな時間の過ごし方をしてみても、
いいのかもしれませんね。

もちろん、夕食のおかずには「かぼちゃの煮物」をつけて・・・

PageTop

猿田神社 その①

千葉県銚子市猿田町にある神社です。
1210 045

総武本線・猿田駅の直ぐ西の鬱蒼とした大きな杜の中に
静かに、そして堂々と、鎮座しています。
猿田神社 ENT
地元では、古くから信仰されています。
おそらく近隣の方は七五三や初詣などで
猿田神社を訪れている方は多いはず・・・と思います。

猿田神社 本殿
主祭神は・・・
本殿内陣中央に「猿田彦大神」
 猿田彦大神は道の神、道案内の神、
 旅人の神としてよく知られています。

本殿内陣右に「天鈿女命」
 天鈿女命は猿田彦大神の妻であり、
 天岩戸に天照大神が籠もってしまわれた時、
 その前で舞を舞って、天照大神を外に導かれるのに
 重要な役割を果たされた神です。

本殿内陣左に「菊理媛命」をお祀りしています。
 菊理媛命は伊邪那岐・伊邪那美の夫婦神の
 黄泉の争いの仲裁をしたと伝えられている神です。

この段階で、「かなり古く、由緒ある」といった事が
おわかり頂けると思います。


社伝によると、創建は第11代垂仁天皇25年(紀元前5年)と伝えられ、
鎌倉時代以降は源義家・頼朝、足利氏、千葉氏、等の将軍家・各武将、
そして江戸幕府などからも崇敬が厚かったんだとか。

三間社流造・檜皮葺屋根の本殿は、延宝8年(1680)建立
千葉県指定重要文化財となっています。
この本殿は、記録では平安時代(807)に社殿改築、
1566年には戦火によって焼失。
1574年に再建し1680年に改築されました。

本殿を囲むこの森は「猿田神社の杜」として、
千葉県天然記念物に指定されています。
<↓空から見た「猿田神社」と「その周りを囲む杜」の全景です>猿田神社 空撮

本殿へ行くために、この杜に足を踏み入れるには、
総武本線を煉瓦造りの趣ある陸橋で越えるように造られ、
その後階段を上がり境内に行き着く…という
少し変わった造りになっています。
猿田神社 階段

ちなみに「猿田彦神社」という名称の神社は、
全国にいくつかあるようですが、「猿田神社」という名称は、
ここ千葉県銚子市だけ一社の様です。

「猿田彦神社」、有名なところでは「三重県伊勢市」にあります。
他には、京都府右京区・滋賀県大津市、福島県郡山市、福岡市早良区、
東京都品川区・・・などなど、これ以外にも各地にある様子です。

「猿田神社」と「猿田彦神社」、どんな違いがあるのでしょうか?
少しだけ、気になります。


最近は、スピリチュアルなことがブームとなり、
パワースポットめぐりをされる方が多いですよね。
そんな影響なのか、始発電車でお水取りに来られる方が
いらっしゃるようですよ。

PageTop

今日の夕陽

とにかくキレイでした。
海外かと思うくらい、素敵なサンセット。
冬ならではの透明感ですね。

20091217162618.jpg

銚子マリーナから見た夕景でした。

PageTop

「勝浦キンメ」??

「銚子つりきんめ」は、
以前もご紹介しましたように、千葉ブランド水産物の第1号に認定され
千葉を代表する魚です。
kinme06090702.jpg


銚子さかな料理かみちでも、この“銚子つりきんめ”を使った
「金目鯛つくし」のご提供をしています。
きんめつくしweb

まだ、ご提供を初めて1ヶ月足らずですが、
お召し上がり頂いた皆様からは、大変ご好評を頂いております。
本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして「銚子つりキンメ」の美味しさを、
一人でも多くのお客様に知って頂く事ができた事、
併せて嬉しく思います。

そんな中・・・
気になるタイトル「勝浦キンメ」ですが
下記のような新聞記事が目に留まりました。

12月4日 朝日新聞・千葉県版 掲載
091204朝日新聞・千葉版 きんめだい記事web


12月13日 読売新聞・千葉県版 掲載
091213読売新聞・千葉版 きんめだい記事web


つまりは、「銚子に負けずに、勝浦はキンメをアピールするぞ!」
と言う事ですよね。
まっ、大きな意味で魚の美味しさを消費者の皆さんに知っていただく事は
とても意味のあることですし、いいことだと思います。

けど・・・銚子の漁業関係者、飲食店関係者、そして市民の皆さん・・・
たぶん皆さんが「勝浦なんかに負けてたまるか!」と思っていると思います。
(スミマセン、勝手な推測かもしれませんが・・・)

「銚子つりキンメ」も「勝浦キンメ」には
負けてはいられない・・・そう思う今日この頃です。


【付録】
ちなみに、勝浦の場所がわからない方のために・・・
map.jpg
銚子市は千葉県の最東端にあります。
そして勝浦は、銚子から九十九里海岸沿いに南下したところにあります。

銚子市、勝浦市、共に水産業が基幹産業です。
そして、美味しい野菜が採れる農業も盛んな場所です。
ついでに、温暖な気候で海岸に面していて、
サーフィンをするには良い波のビーチがあります。
銚子から車で3時間程度掛かるところです。

PageTop

2009年 さんま水揚げ日本一は銚子港!

お恥ずかしいことに、東京のお客様よりお知らせいただきました。

過去11年、連続でサンマの水揚げ日本一の北海道根室市花咲港が、
今年は首位を千葉県の銚子港に譲り渡すことが確実となったそうです。

水揚げ

サンマの南下が例年より半月以上早かったため、
銚子港が追い抜いた形となった様です。

名残のサンマ漁は12月末まで行われていますが、
花咲港はすでに終漁しているため再逆転・・・無理ですよね。

すでにサンマの旬は終わり、
脂ののったサンマは、来年まで会えません。


「全国さんま棒受網漁業協同組合」(東京都)が
公表した水揚げ状況によると・・・

花咲港の数量は5万4014トン(前年比約6%減)
2位の銚子港は5万3182トン(同約7%増)

832トンの差があったんですが、
11日に銚子港で983トンを水揚げがあったので
結果、逆転した形となったわけです。

銚子港は11月末の段階では約4万2000トンでしたが、
12月に入ってからの10日間で、
なんと約1万7000トン(前年比33%増)の水揚げがあり、
花咲港を抜くのは「時間の問題」といわれていました。

ここで、素朴な疑問ですが・・・
50,000トンって、サンマ何匹くらいなのでしょうか?
銚子で水揚げされるサンマは、他の地域と比べて
比較的大きく、ぷっくらと太いのが特徴です。
平均重量は、150グラムくらいです。
(旬の走りや名残などのシーズンや、その年によっても、重量は異なります)

1トン=1,000キログラム
1キログラム=1,000グラム

小学校で習った算数を思い出して・・・
50,000t=50,000,000kg
50,000,000kg=50,000,000,000g

50,000,000,000g÷150g=333,333,333匹
・・・すごい数です。驚きです!

皆さんは、今年どのくらいのサンマを召し上がりましたか?
sanma.jpg

PageTop

激しい雨が降っています

今晩の銚子地方、とても激しい雨が降っています。
下記のレーダーを見る限り、
千葉県の太平洋側は軒並み雨。
特に、勝浦・鴨川周辺は30~40ミリもの強い雨が降っています。

そしてココ銚子は、嵐の前の静けさなのでしょうか?
今より強い雨がこれから深夜にかけて降るようです。

一番激しい雨雲は、深夜に銚子を通過する様子です。

レーダー

深夜までザーザー降りの雨。
風も強まって斜めに降り、車を運転してもワイパーが追いつかず
前が少し見難い状態です。

明日の朝は、にわか雨の可能性があるそうですが、
段々と天気回復するとの予報。
少しづつ、寒さも和らげばいいなぁ~と思います。

先週の週末のように、いい天気になって
素敵な夕陽が見れるといいな~
だって、休日の雨降りは、気分がブルーになりますもんね。

週末のご予定はもう計画済みですか?
皆様に、素敵な終末が訪れますように。

PageTop

二十四節気 「大雪」

連日、晴天続きの銚子市です。
1206 003

まぁ、冬らしいと言えばそれまでですが、
雲ひとつ無い青空は、気持ちが良いものです。
朝、窓を開けたときに感じる「凛」とした感じは
とても心地よいものです。

カレンダーを見たら、昨日12月7日は二十四節気のひとつ、
「大雪(たいせつ)」でした。

太陽黄経が255度のときで、雪が激しく降り始めるころなんだとか。
「暦便覧」では、「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と
説明されています。

本来であれば、鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、
熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付く、そんな季節なのですが、
近頃は地球温暖化の影響もあってか、
こういった風情も無くなりつつありますね・・・
ちょっと残念に思えます。


ちなみに、前後の節気には、
小雪(しょうせつ) 11月22日。
「暦便覧」では、「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明しています。

冬至(とうじ) 12月22日。
一年の間で、昼が最も短く夜が最も長くなる日です。
「暦便覧」では「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」と説明されています。
そういえば、以前は柚子のお風呂に入ったなぁ~。

近頃は季節の変わり目をあまり感じる事が無くなりましたが、
こういった暦で季節の移ろいを感じるのも、
なんだか風情がありますよね。

そろそろ、鍋料理が美味しい時期ですね。
今夜あたり、「お鍋」してみようかな・・・。

PageTop

暖かい1日でした。

今日の銚子は、とても暖かく、過ごしやすい一日でした。
昨夜の豪雨の恩恵!?か、朝からくもひとつない
洗濯をしたような、とてもキレイな青空が広がっていました。

ならば!と思い、犬吠崎の様子を見に行ってみました。
時刻は9:30頃です。
1206 0041
すごくキレイな水平線です。
そして日差しがまぶしい!
若干ですが霞んでいますけど、
雲は全くありません。

少し波が高い気がしますが、
不思議な事に、風はあまり強くありませんでした。
海辺を散策したり、犬の散歩をするのには、
絶好のロケーションです。



それじゃ、夕陽は?と思い、銚子マリーナに行ってきました。
時刻は16:00頃。
1206 0101
こちらも、キレイ!
午前中同様、少し霞んでいますけど、雲は全く無く快晴。
犬吠崎と同じ太平洋に面している海なのですが、
とても静かで、遠浅の海らしい、穏やかな波です。


青空の部分と、夕焼けの部分のグラデーションが
とても美しいんです。
1206 0241
この時間の、この風景、
分単位というか、秒単位で徐々に変化していきます。
そして日の入りが進行するのと同時に、
体感気温も徐々に下がってきます。
太陽の存在を、ホント改めて感じる瞬間です。


そんな景色に見とれていると、気になる光景が・・・
きっと行楽で銚子にお越しになったと思われる方々が
「これなんだろ~?」なって会話をしているのに気が付きました。
1206 0271
はて?と思い近づいてみると・・・

「えっ?」「どーして?」と思う光景が・・・
1206 030
「芋」が打上げられていました。
海に芋? どーして?

そして周囲を見渡すと、確かに「くらげ」と一緒に芋が・・・
1206 031
“ペタッ”としているのが「くらげ」です。
“モコッ”としているのが「芋」です。
けど、どーして芋が・・・。

台風の翌日には、いろいろな物体が打上げられていますが、
海には無い農産物の芋が打上げられているなんて・・・。

ナゾは深まるばかりです。

PageTop

「金目鯛づくし」ぜひ、ご賞味下さいませ。

以前、金目鯛について何度かご紹介をさせて頂きました。
 →「たとえば、キンメダイ漁について」
 →「たとえば、千葉ブランド水産物について」


これまでの間、多くのお客様より支持を頂き、
大変人気のあった「キンメダイ」を丸ごと使い、
新鮮素材を活かしたあらゆる調理法で、
専門店らしさを企画・表現した「金目鯛づくし」というお膳を
新メニューとして発売いたしました。
きんめつくしweb

とっても、華やかな彩りのお膳に仕上がりました。

一尾づつ丁寧に釣り上げた色鮮やかな「キンメダイ」は、
一度食べたら忘れられない“口福(こうふく)”な味わいです。
P1010066.jpg

この「キンメダイ」は、平成18年に千葉県が認定する
「千葉ブラン水産物」の第1号として認定を受けました。
認定有効期間は3年ですが、その美味しさが再び評価され、
このたび平成21年に再認定されました。
まさに、金メダル級の美味しさです!
千葉ブランド水産物認定書

ランチ・ディナーに関わらず、全時間帯でお召し上がり頂けます。
ただし、キンメダイの入荷状況によっては、
品切れとなってしまう事があります。

また年始・ゴールデンウイーク・お盆などの繁忙期には、
数量を制限させて頂くなどのご提供制限をさせて頂く事があります。
予め、ご了承くださいませ。

金目鯛のフルコース、ぜひともお試しくださいませ。

PageTop

12月に入りました!

今日は、12月1日です。
銚子の駅前にも、イルミネーションがの点灯が始まりました。
寒い日は特に空気が澄んで、きれいに見えます。

今年も、あと1ヶ月。
来月の1日は「元旦」です。
そう考えると、早いもんですね。1年って・・・

当たり前のことなんですけどね。


今年1年、皆さまにとってどんな1年でしたか?
寒い日が続きます。
おかぜなど召されませんよう、お元気でお過ごし下さい。

今日はあまり内容が無いネタで、ホントにすみません。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。