FC2ブログ

腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

下がるほど 人は見上げる 藤の花

「4月26日ブログ記事・臥龍の藤 」でご紹介した、妙見様の藤が咲き始めました。

銚子駅から程近いところに藤の花が咲く妙見様はあります。
また「銚子さかな料理 かみち」からも、近い場所にあります。
徒歩5分くらいでしょうか、すぐに到着します。
miyoukennsama

境内には4つの藤棚があります。
本堂を正面に見て、右手にあるのが妙見様のシンボル的な「臥龍の藤」です。
名称未設定 1

銚子駅方面からから近い入口は“裏門”になりますので、
ここはぐるっと廻って、正面から入られてはいかがでしょうか?
表門から入ると、ザーッという滝の音と共に、すぐに太鼓橋があります。
姿見えぬ藤に花の香りを感じながら太鼓橋を渡ると、
正面に本堂、左右に藤棚が見えてきます。
0508 157

空高く聳え立つ本堂、青空にとても良く映えます。
手入れが行き届いているので、とてもきれいな境内です。
0508 147

この日はお天気も良く、太陽が燦々と降り注ぎ、少し汗ばむくらいの陽射しでした。
昼間なのに、少し色っぽく見えるのは「枝垂れ具合」と「大人っぽい藤色」のせいなのでしょうか?
0508 105

「臥龍の藤」の名の由来となっている枝の部分。
たしかに、龍のように見えますね。樹齢750年余、歴史の重さを感じます。
0508 085

藤の花、こうやって見ると・・・
なんとなく蘭の花にも似ている様に見えるのは気のせいですかね?
0508 097

境内には、チョット珍しい「白藤」もあります。
0508 132

実は、夜間拝観もできるんです。
闇に浮かぶ藤の花、キレイですよ!
その模様は、明日にでもご紹介しますね。


余談ですが・・・
ここ妙見様は「ちょうし幼稚園」を併設しています。
「藤のお寺」として銚子市民の皆さんに愛されていることを象徴するかのように
ちょうし幼稚園の送迎バスにも「藤の花」があしらわれています。
素敵ですね!
0512 003

スポンサーサイト



PageTop