FC2ブログ

腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

甲羅干し

別に、亀のことじゃありません。

銚子の港周辺ではよく見かける光景なのです。
0522 021

水揚港であり、産地市場でもある銚子魚市場では、
水揚げされた魚の大多数がトラックなどの陸送により、
大都市周辺の消費地市場に運ばれていきます。
(参考:「産地市場」と「消費地市場」について)

お天気がいい日に、太陽の下でのんび~りとトラックの休んでいる姿が、
なんだか亀が甲羅干しのように見える時があるんです。
0522 023

当たり前ですが、新鮮な魚を満載したトラック、
陸送中は“冷蔵”もしくは“冷凍”のどちらかの温度鯛で運ばれています。
当然、荷台は水で濡れたりして、生臭くなったりします。
毎日のように輸送を繰り返すと、水を流して洗っても臭いが取れないし、
荷台が乾く時間が無い場合もあるそうなんです。
そこで、稼動の少ない晴れた日中は、
こうやって空気を通して、荷台の庫内を乾かしているのです。
0522 020

たとえば、新鮮なお魚が市場に運び込まれた時、
その魚の入っている箱が、魚臭いものだったら・・・
きっと運び込まれてきた箱の中の魚も、鮮度はどうかな?と
思っちゃいますもんね!


夕方頃、利根川・河岸公園から見た銚子大橋と夕陽です。
ちょっと曇が目立ちますが、今日の日中はポカポカ陽気でした。
明日の銚子は、お天気が崩れ、雨なんだそうですよ。
せっかくの日曜日なのに・・・残念!
0522 033



ちなみに、ホントの「亀」、
甲羅干しをする理由はちゃんとあるんです。
理由1
   カメは爬虫類なので、変温動物なんです。
   なので体温調節をするため日光浴をします。
理由2
   太陽を浴びて、身体を乾かす事によって、皮膚病の予防を行い
   併せて殺菌をするため、日光浴をします。

理由3
   甲羅を成長させるには多くの栄養素が必要、その中でもビタミンD3は
   日光の中の紫外線を浴びることによって体内で合成するので日光浴をします。

なるほど、なるほど・・・。

何事にも、ちゃんと理由があるんですね!

スポンサーサイト



PageTop