FC2ブログ

腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

プチリニューアルをします。

とは言っても、明日の定休日を使って行うものなので
大掛かりな改装があるわけではありません。

「女房と畳は新しいものに限る」ということわざがあります。
妻は若ければ若いに越したことはなく、畳も新しいものの方が気分がよいと言う意味。

歳を重ねた奥さんも、あうんの呼吸で色々なことを感じ取ってくれると言う点では
必ずしもその限りではない、と思います。

現店舗は、以前改装をしているので2代目になります。
その頃の店内の様子です。
そうなんです、畳がとても蒼いんです!
320x320_rect_3205713.jpg


その頃に少しでも戻れるよう、畳を入れ替えます。
大広間が36畳、離れのお部屋が13畳、個室が4畳、小上がりが8畳、
全部あわせて61畳の入れ替えです。

きっと休み明けの営業日には、いいにおいが店内に充満しているのかなあ?
そんな期待をしています。
320x320_rect_3205714.jpg

ちなみに、とある本で読んだのですが・・・
男性は歳を重ねる度、オーラのパワーが少しづつ落ちてくるそうなんです。
オーラのパワーというのは、ある意味「生命力」ともいえるそうで
男女共に20~30際代が、一番パワフルで、パワーがあるそうなんです。

ここに「女房の新しいのを求める訳」が潜んでいるんだそうですよ。

女性の場合は、年齢を重ねても、実はそんなにオーラのパワーは落ちないそうです。
男性の場合は外見的!?には、とても強そうなんですが、
生命力という部分では、女性よりは弱いらしいんです。
オーラのパワーが落ちて来た時、若い女性と話しをするだけで
なぜかウキウキしたりするのは、生命力がアップしているから・・・
(まっ、それだけではないですが・・・)

だから生命力維持の為、本能的に男性は若い女性を必要とするんだそうですよ。

「ふ~ん」と思い、ある程度ですが納得する内容でした。


スポンサーサイト



PageTop