FC2ブログ

腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

プチ・リニューアル完了!

「5月25日・プチリニューアルをします」でご紹介させて頂いたように
定休日を利用して、今まで使用していた畳を替える日がやってきました。
擦り切れたり、汚れたり・・・まっ、消耗品なので仕方が無いこと。
それにしても、擦れ過ぎかも・・・?
0527 041

畳はその部屋ごとに、配置方向や配置場所が決まっているんだそうです。
微妙に歪みがあったりして、サイズが異なるんだとか。
(そんな事、知りませんでした・・・勉強になりました)
その畳の位置を確認し、敷き込む時にはスムーズに作業できる様
間違わないように、直接畳にマジックで書き込まれます。
0527 037

畳が運び出された部屋、ガラ~ンとしています。
何も無いせいなのか、とっても広く感じます。
0527 038

車に積み込まれた畳たち、今日まで多くのお客様をお迎えしました。
お客様のおもてなしを続けた、ある意味スタッフのような存在。
「今までお疲れ様!」と心の中で声掛けをして、送り出しました!
0527 043

その後・・・畳を外した床を見てビックリ!
長年の使用で、床の一部が痛んでいました。
急遽、銚子市内の大工さんにお願いして、床の修繕をして頂きました。
これで新しい畳の受け入れも、準備万端!
0527 047

掃除も終わった頃、新しい畳が到着!
撤収された畳が、装いも新たにキレイな青畳となって運ばれていました。
早速、荷台のドアを開けた途端・・・
ふわ~っと“新しい畳”特有の、イグサのいい香り!
0527 049

その後、手際よく各部屋へ順番どおりに畳が敷きつめられていきました。
1枚ごとに、微妙に異なる畳の厚さからくる高低差を「ムラ取り」という作業で修正。
職人さんが握りこぶしで、畳のへりをトントンとリズミカルに叩いて
隣どおしの畳の高さを微調整し、揃えていきます。
それでも高さが違う箇所は、よく切れる包丁のような畳職人専用の道具で
ござをスパッと切り、畳の下に入れながら、高低差などの最終調整をして・・・

敷き込み作業からおよそ3時間後、全ての畳がはめられ、
きれなお部屋になりました。
0527 056

第一印象は・・・
女将とふたりで「畳って、こんなに青かったっけ?」
そうなんです、元々の畳は、青いんだそうです。
新しい畳を入れた皆さん、同じ事を仰るらしいです(畳屋さん:談)
今まで使っていた古びた黄色い畳に目が慣れてしまい、
本当の畳の色を忘れていたのかもしれません。

店内中が、新しい畳なので、イグサの香りが満ち溢れています。
素足で歩いたら、とっても気持ちがよかったです。
少しだけ、大の字になって寝たら、心も身体もリラックス。

畳って、なんだか秘めたパワーがあるようです。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。