FC2ブログ

腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

夕方の風物詩!?

高速バスで銚子に夕方に到着された方、
または、夕方以降に高速バスで東京に出発される方が
あまりの迫力に驚くのが、高速バス「東芝町・銚子駅入口」バス停周辺の
騒がしく鳴き声をたてている鳥たち、それが『むくどり』の大群なんです。
0624 023
東京からのバスが到着する、商業施設「シティオ」前。
周囲の街路樹や電線には、ものすごい大群がいます。

実は全国的に見られる傾向で、銚子だけではありませんが、
夕暮れ時に電線や街路樹などに大群で集まる風景は、
ある意味“恐怖心”を感じる事もあります。
全長 20cm前後で、スズメとハトの中間ほどの大きさ。
尾羽を加えるとヒヨドリより一回り小さいくらいのサイズなんですが
やっぱり大群は、迫力が加わり、怖いです。
0624 099

ムクドリは、日中は数十羽の小群で分散して昆虫や木の実などの餌を採っていますが、
夕方になると集まり、夜は街路樹などで集団で寝る「集団ねぐら」を作る習性があるそうです。
多いところでは数万羽にもなるところがあるんだとか・・・
集団ねぐらを作るのは、敵を発見したり撃退したりしやすい為の自衛手段といわれています。
0624 020
東京方面に出発するバスの停留所がある「Bマート」前。
注意をしないと、バスを待っている間に「落し物」の被害にあうことも・・・
糞害には、十分ご注意を!

鳴き声は「ギャーギャー」「ギュルギュル」など、聞く人により、いろいろ・・・。
群れを成して生活するため、その鳴き声を騒音だと感じる人もいるんだと思います。
春から夏にかけては繁殖期を迎えているので、いつもより元気に聞こえるのかな?
いや夏以降、秋にかけて雛鳥が生まれたら、
もっと騒がしくなるのかもしれません!
コピー ~ 0624 018
きっとこの周辺だけで数千羽くらいの「ムクドリ」が
実はいるんじゃないのかな?なんて感じる程です。

実は、ムクドリなどの野鳥は鳥獣保護法によって、
原則保護する事が定められています。
捕獲や駆除などは、人や農作物への多大な被害があるなどの場合に
限定的に許可されるものであり、原則的には行えないんだそうです。
また現実的に、人の多く集まる市街地などで捕獲や駆除などを行うのは
非常に困難なのが現状なんだとか。

人と動物の共存問題。
「ムクドリ」だけに限らず、難しい問題ですね。

スポンサーサイト



PageTop