FC2ブログ

腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

「海の見える丘公園」なんです!

正確には「地球が丸く見える丘公園」と言います。
以前6月14日ブログ記事・「あじさい公園」』でご紹介をした公園です。
実はここの公園、お天気がいいと公園から海が見えるんです。

横浜に「港の見える丘公園」って言うのがあります。
まっ、あんなにかっこよくは無いですが・・・けど素敵な公園だと思います。

タイルで舗装された公園の中を歩いていると、
急に視界が開けるポイントがあるんです
0617 014

さらにその通路を進むと・・・太平洋の大海原が見えてきます。
0617 005

眼下には、外川漁港から長崎海岸にかけての景色が開けます。
そして漁船ばかりではなく、タイミングが合えば
画像にあるような大きなタンカーの航行を観る事ができるのかもしれません。
0617 027
それもそのはず、ここ銚子沖は大きな船が1日に何度も行きかう程、
往来の多いポイントなんです。

公園内には、「海」を連想させるオブジェがいくつかあります。
たとえば、ガラス製の浮玉を使った『街灯』
太陽の光り越しに見ると、光りが乱反射して、とってもキレイなんです。
夜になるとライトが灯って、更に眩い光りを放つんでしょうね。
0617 024

そして、船の錨(アンカー)を使った『日時計』
大海原を洋々と進みむ船が、港で小休止する際に真っ暗な海底に沈めた錨も、
ここでは日差しを燦々と浴び、人々に時を知らせるという
新たな第二の人生を送っています。
0617 022
公園の少し奥まったところにあるので、チョット解り難いいかも?

メインゲートから入場すると、海の生き物たちが床面に
タイルで大きく描かれているのに気がつきます。
0617 028
これは以前、ここの場所がオーシャンランドというプールだったときの名残。
けど、海が見える公園としての立地を上手く活かしているため、
全くと言っていいくらい、違和感がありませんね。

今のシーズンは、あじさいが咲き乱れて、とってもきれいな公園ですよ!
ぜひ銚子へお越しの際はお立ち寄りください!

スポンサーサイト



PageTop