腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いいお天気!

何気に通りかかった「銚子ドーバーライン」
東洋のドーバーと呼ばれる屏風ヶ浦の上を走る道路は、
アップダウンがありものの、比較的走り易い道路です。

途中何箇所かある、太平洋を一望できるポイント。
窓越しに見たら、海面がキラキラ・・・。
気温は、10度を越える事無く、寒い一日でしたが
太陽が照っている場所は、風がなければ日中は気持ちよく過ごせる、
そんな1月の最終日。
0129 019

全国的には降雪の影響で、道路や鉄道が止められたりして、
大変な地区もあるようですね。
明日からは、少しだけ寒さが緩む・・・そんな天気予報がラジオから流れていました。

春が待ち遠しいですね。

スポンサーサイト

PageTop

小浜の御締め

銚子市街から離れたところに「小浜」という地区があります。
国道から脇道に入ったそのエリア、
用事がなければ訪れる事は無いんじゃないですかね。
まっ、普通の生活道路なんで・・・・。
0129 021

そんな小浜地区に「小浜の御締め」という、行事があります。
毎年決まって1月20日に行われるんだとか・・・

町内の3か所の辻(道)に、注連縄を張りめぐらせ、
不幸や災いをもたらす悪魔が、村に侵入しないように悪魔払いをする・・・
江戸時代から伝わる民間信仰があります。

それがこれ!
0129 033

全国的にある行事で、地域によっては道切り(みちきり)とか、
辻切り(つじぎり)とも呼ばれています。
ここ、銚子市小浜町では「小浜のお締め」と古くから呼ばれています。

その昔、日本の村落においては、村と山の境界にあたる野良、
あるいは村と村の境には、古くから魔や疫病をはやらせる神などが出入りする
そう考えられており、出入り口にあたる道には魔を防いだり、
追い払うために道祖神が祀られたり、注連縄や、藁で作った蛇を張ったりと
道切り行事が行われていたそうです。
その風習が今でも続けられているという訳です。

注連縄には、いろいろな“お飾り”がついています。
きっとその飾りには、いろんな言われや、理由があるんだと思いますが
いろいろ調べてみてもわかりませんでした。
これは「蛇」みたいですね。
0129 027

そして、これは「蛸」です。
0129 029

「木製の札に☆のマーク」謎ですね・・・。
けど、なんとなく思ったのが、陰陽師っぽい感じがしました。
けど、確証は無いですけどね・・・。
0129 028

この「御締め」は、日を決めて外すことはせず、
自然に任せるんだそうです。つまり、外れるまで、切れるまで・・・ということです。
例年は、春一番の頃まで見られるそうですよ。

日本各地に続く伝統行事。
まだまだ寒い日が続きますが、春の訪れを感じさせる・・・そんな行事ですね。
太平洋から銚子半島に冷たい風が吹く中、
春を待ちわびる人々の想いが込められているのかもしれませんね。

PageTop

東京から120.5Km

とある日、JRの「特急しおさい」で東京に出掛ける際に
銚子駅で出会ったのが「東京から120.5Km」だったんです。

普段、何気に乗り降りしている駅なので、そんな細かいところを見る事も無く、
また東京に出掛ける際は、比較的出発の2~3分前に駅に到着するので
周囲を注意して観察する余裕もありません。
そんな中、見つけたのがこの風景。
まっ、どこにでもある天井からぶら下がっている“横書き”の看板と
柱に貼り付けてある“縦書き”の看板。
0126 005

何気に縦書きの「ちょうし」の駅名表示の上を見ると、
なにやら見慣れないサインがついています。
はて?はて??・・・
0126 001
あっ、「12」の表示じゃないですよ!

そう、ここ銚子の駅は東京駅から営業距離数が120.5kmなんですよ!
というインフォメーションのサインだったんです。
しかも、千葉県の形をしている写真の中には、犬吠崎灯台がデザインされています。
この写真の形が“千葉県”だということをわかる方、
どれほどいらっしゃるかが、若干疑問ですが・・・
0126 004
しかも銚子の場所、こうやって見るとホント千葉県の端っこですよね!

銚子駅に到着されて、この表示サインをご覧になった方、
「120kmも移動してきたのか~」そんな気持ちになるんでしょうね。

この日は「これから120km先まで出掛けるのか~」という気持ちになりながら
このあと銚子駅を後にして、特急しおさいに揺られて東京に出掛けました。

PageTop

親子河童

利根川河口に位置する銚子には、古くから「かっぱ」の民話が残っています。

シンボルロードを利根川にまっすぐ進み、突き当りを河口側(漁港方面)に進み
しばらくすると新港橋の手前にある公園内に親子河童の銅像があります。
0124 071

道路沿いに案内看板が出ていますが、注意しないとうっかり見落としてしまいます。
0124 067

昔荒野(現・中央町)に大新河岸と呼ばれる船着場があったそうです。
ここは、イワシの搾滓や、お米などを高瀬舟に積んで江戸まで運ぶ河岸として
大変賑わったそうです。
回船問屋の蔵が棟をつらねて、その中にモリゴンという大きな問屋がありました。
ある夜のこと、モリゴンの戸をトントンたたく音がしました。
番頭が起き出して、戸を明けようとすると・・・
「モリゴンさん、きょうお宅に泊まった客人が、わしの子をいじめた。
なにも悪いこともしないのに、なんでカラカサなんかでたたいたんだ。
そんなことよしてくらっせ」という声がしたそうです。
ピタピタとぬかるみを歩くような足音が遠ざかって行く音を後にして・・・

番頭は、いそいであとを追いかけて行ったそうですが、姿が見えず、
やがて川岸でポチャンという何かが水に飛び込むような音がしたんだとか。
翌朝、泊まった客人に聞いてみると、きのうの昼、河岸で子河童をふざけて
かまったことが分かったそうです。
やがて、その噂が河岸じゅうに広まりました。
河岸に働く人たちは、「河童は船を水から守ってくれるという。もういじめるのはよそう」と、
戒めあうようになったそうです。
それからというもの、水におぼれたり、難破船がでたりすることがぱったりと止まったんだとか。
雨降りの晩など、通りをピタピタだれか歩くような音が聞こえると、
「大新河童が見回っている」と河岸の人は噂をしあったそうです。
IMG_0721.jpg

むかし、大新河岸に母子河童が住んでいて、
利根川の水運の繁盛と船や河岸で働く人たちを水難から守ってくれたと
伝えられています。
河童は、きれいな水にしか住まないといわれ、
人と河童が共生できる水の環境づくりとふるさと銚子のまちおこしを祈念して、
平成7年9月母子河童像が建立されました。
IMG_0725.jpg

むかし同様に、現在も母子河童が住んでいるのかもしれませんね。
利根川を眺めている後姿を見ていると、
水運の繁盛と船や河岸で働く人たちを、水難から守ってくれているような気がします。
0124 065

PageTop

銚子の地酒

パラパラッ・・・と、たまたま手に取った小冊子「銚子法人会 会報」、
法人会の情報誌だけあって、税に関する内容が多く、硬めの内容です。

そんな冊子の中に「銚子税務署 管内銘酒一覧」というページがありました。
お酒を管理管轄するのは国税庁、そして税務署、
お酒が売れれば、当然税収が上がる。そんな繋がりなんですね・・・。
0128.jpg
コメントに「下記五社・・・」とありますが、4つしかないのは??
そんなツッコミをしつつ、単純な疑問もありつつ、
上記に紹介されている4つの蔵元を簡単にご紹介させて頂きますね。

石上酒造 「銚子の誉」
千葉県銚子市田中町7-1
0479-22-0655
銚子の誉
関東最東端の酒蔵です。
石上酒造は自慢の2棟の大谷石造りの石蔵。
原料米に100%千葉県産を使用するのがこだわり。
南部杜氏の醸造技術のもと酒造りが行われています。


飯田酒造場 「徳明」
千葉県銚子市清川町2-1-2
0479-22-0821
徳明
明治元年創業。仕込み水は天然の湧水を汲んで使用。
一般受けの良いサラリとしたお酒ではなく、
蔵元が美味しいと感じる酒を造ることを信条されているそうです。
なので昔ながらの旨味がたっぷりとのったお酒の仕上がりとなっています。

小林酒造場 「祥兆」
千葉県銚子市松岸町2-78
TEL:0479-22-0543
祥兆
明治7年に創業。
「祥兆」は幸運の兆しを意味するめでたい名であり、
さらに地元・銚子の「銚」と「兆」をかけて命名されているそうです。

宮崎本家 「富士乃友」
千葉県匝瑳市野手1699
0479-67-2005
富士の友
明治元年創業。住所は匝瑳市ですが、銚子税務署管内なのでご紹介します。
不二の友、無二の親友という意味に霊峰富士をかけて命名した銘柄「富士乃友」。
飲みやすいお酒造りを心がけているそうです。

この中で、比較的有名なのは「銚子の誉」なんだと思います。
けど、他にもこんなにあるんですよね~。
地元に住んでいても、存じ上げない日本酒があることに
再発見の1日でした。

機会があれば、ぜひ味わってみては如何でしょうか?

PageTop

春の観光キャンペーン

まだまだ寒い日が続きます。
しかし、房総は「一足早い春」として観光キャンペーンを行っています。
JR東京駅構内にも、たくさんのポスターが掲出されています。

これは千葉県の早春観光キャンペーン。
「きらきら房総 春満開!」
森田健作知事が花束を持って微笑みかけています。
IMG_0632.jpg

そしてこれは、JR東日本のビュープラザから出ている各種旅行商品。
定番のグルメだったり、イチゴ狩り、お花摘み、桜見物など・・・
房総や伊豆が中心に取り揃えられています。
IMG_0703_20110131220211.jpg

けど、千葉県の観光地といえば、南房総のイメージが強くあるみたいですね。
そして今の時期だと、お花摘みがメインなんですかね?
「おいでよ房総 花いっぱい!」
IMG_0643.jpg

銚子観光の旬って・・・??
やっぱり、夏のみなと祭りのイメージなんですかね?

PageTop

街で見かけたポスター

銚子のとある造り酒屋さんの店頭で見かけたポスターです。
「犬吠崎灯台点灯130年」
2004年の事だったそうです。
IMG_0200.jpg

直接、灯台を表現しているポスターではないので、
パッと見た感じでは「これって灯台!?」と思えるようなデザインですが・・・
実はこれ、灯台のライト部分なんです。

光りを増幅させるレンズの内側についている電球なんですね。
電球だけを見ると、なんとなく弱々しい感じがしますが、
レンズを通してその光りが届く距離は19.5海里、
わかり易くいうと約35Kmも先まで届く性能なんだとか。

地上から点灯部分まで約27m、水面から点灯部分までは約52m。
光りが届き易いように高台に立っているのも、その理由なんでしょうね。
IMG_0202.jpg

このポスター、チョットかっこいいですよね!

PageTop

新たなる船出

利根川沿いの河岸公園から、対岸の神栖市波崎町を望んだ際、
「あれっ?」と、いつもとは違う様子に気がつきました。
対岸は漁船が接岸するので、どちらかといえば地味な雰囲気なんですが・・・
0124 056

よーく見てみると・・・華やかな雰囲気!
大漁旗や日の丸が掲揚されているのが、わかりますよね?
おそらく、新造船のお披露目?なのかな?
家を建てる時にする“建て前”(“棟上げ”とも言いますね)をするときみたいに
お餅を撒いたりするって聞いた事があります。
0124 057

新たなる船出、大漁を祈願すると共に、航海安全をお祈りいたします。

PageTop

市街地空洞化

全国的にも問題になっていますね。「市街地空洞化」

1979年にオープンしたCITIO(シティオ)。
今月末に閉店することになりました。
0129 011

銚子市における商業の隆盛期を築いてきた商業施設でした。
銚子駅から歩いて5分程度の双葉町といわれるこの地区は、
かつては大型商業施設が2軒もありました。
「十字屋銚子店」もう今は、その姿かたちはありません。
更地になっています。なんか、懐かしいなぁ~。
0129 035

東京都内から見れば、シティオも十字屋も、小さな店舗だったかもしれません。
けど、今から30年前くらいは、いつも人が溢れていました。
こうやって見ると、アメリカの西海岸にあるショッピングセンターっぽいイメージを
なんとなく醸し出していませんか?そんな気がします。
0129 002

市街地空洞化、今後この勢いを止める事はできるのでしょうか?
昼間でも人が歩いていない街。ある意味ゴーストタウンの様でもあります。
閉店セールのポスターが貼られても、店内には閑古鳥が・・・。
0129 004

時代なんでしょうか?
少し寂しい気がする、そんな今日この頃です・・・。

PageTop

気がつけば、いつもどおり・・・

年末年始、銚子駅前を色とりどりのまばゆいばかりの電球で
煌びやかに飾っていたイルミネーション、気がついたら終了していました。
0125 018

昨年の11月27日に点灯式が行われた今期のイルミネーション、
今月16日で終了だったようです。

キラキラとキレイだった駅前ロータリーも、いつものように・・・

う~ん、やっぱり寂しい。
そう思いうのでした。

PageTop

「超Cちゃん」

銚子市役所から届いた何気ない封筒。
普段は何気なく素通りしていたデザインでしたが、
ひょんなことから目に留まり・・・
なんだこのキャラ??
0127.jpg
                       <諸事情により、住所・宛名・発信部署は画像加工しています>
「マスコットキャラクター??」
「超Cちゃん??」

というわけで、疑問に思ったときは、すぐに調べる!!
数年前にあった、銚子市政100周年記念のキャラクターなんだそうですよ。
その名も『超Cちゃん』
愛称は「C(しー)ちゃん」なんだそうです・・・・
その昔、銚子市は千葉県内において2番目に“市”となった地区なんですね。
たしか、小学校か中学校の授業で習った記憶があります。
そう考えると、市制100周年・・・。古い街なんですね。

cchan.jpg
名前の由来は・・・
「銚子」の「銚(ちょう)」と、
とびぬけてすぐれているという意味の「超越」の「超(ちょう)」をかけて、
色んな問題を跳び「超えて」発展する銚子のイメージ。
形もChoshi(銚子)の「C」に似てる事から、その名前になったんだとか・・・

ちなみに、男の子でも女の子でも使えるから、可愛らしく「ちゃん」をつけたそうです。

う~ん・・・っ、なんか納得し難いというか、無理やりというか・・・
ストーリーが無い、そんな気がして仕方がありません。
実際に市内在住の方も、観光産業に従事されている方も、
あまりご存じないようです。
まっ、さすがに市役所の職員の方はご存知かとは思いますが・・・

全国の各地域における、いわゆる“ゆるキャラ”は、最近氾濫していますね。
一般企業の店舗や商品のようにブランディングをしっかりと行わないと
機能しない、意味の無いものになっちゃいますよね。

けど、そのストーリーがしっかりして、キチンと活用できれば、
ゆるキャラも、行政や観光の立役者になるのかもしれませんね。

というわけで、がんばれ「超Cちゃん」

PageTop

一足早い春のおとずれ

今日は、二十四節季の「大寒」
一年のうちでイチバン寒いと言われている一日です。

寒い、寒い・・・といわれているこのごろですが
銚子の名刹「浄国寺」で、春を予感させるモノを発見しました。

山門から本堂まで続く参堂の両端にある梅の木々が、徐々に花を付け始めていました。
0124 080

全体的に、蕾はまだまだ固め。
けど、力いっぱいにその小さな花を開かせようとしています。
0124 090

あと1ヶ月もすると、満開になるんでしょうね。
世の中“桜”の話題が出始めると、「梅の花」や「桃の花」は見向きもされなくなります。
なんとなく寂しいですね。
ある意味、春を伝えるトップバッターなのに・・・。
0124 078

そして、ゴールデンウィークごろには、
かわいらしい梅の実をつけ始めるんでしょうね。
意外と知られていませんが・・・。
0124 073

平日の午前中は、あまり人がいらっしゃいません。
そう、ある意味“貸切”で梅鑑賞ができますよ!
暖かくしてお出掛けくださいませ。

PageTop

国民宿舎犬吠ホテル

今はその姿の跡形も無く、更地になっています。
けどその昔、ここにはあったんです。

それは「国民宿舎 犬吠ホテル」
国民宿舎1
当時は、以下のようなキャッチコピーだったようです。

雄大な眺望と幻想的な漁火。旅情あふれる潮騒の宿・・・
客室から見える灯台の光は、貴方を幻想の世界へ誘います。


なんだか、時代を感じますね・・・。


施設そのものがかなり古く、大浴場、共同トイレ、
そしてエレベーターの無い館内・・・
そんな不便さが、徐々に客足が遠のく要因だったのかもしれませんね。



国民宿舎は、銚子市の観光シンボルとして1963年に7月にオープン。
宿泊客の減少により、2004年に閉館したこの市営ホテルは
鉄筋3階建で収容人員172名。
客室は37室あって、それ以外に、大広間・宴会場・会議室、
そして大浴場が館内にはあったそうです。
屋外には、25mプールと子供プールがあったのを覚えています。

たぶん・・・
銚子にお住まいだった30代後半より上の方は、
夏の時季になると、何度か訪れた事があるのではないでしょうか?

カニの形をした“カニパン”をはじめて食べたのも、
ここだったと思います。
兄弟揃って、親戚とよく遊びに行ったなぁ~

チョットだけ懐かしい、そんな話題でした。

PageTop

夕陽・夜景観賞会

おとなり町の旭市の話題です。

今年で、第6回を迎える、夕陽・夜景観賞会
『九十九里浜・富士・夕陽~光と風~サンセットファンタジー』が
今月末に行われます。

昨年もご紹介させて頂きました。
実はうれしいことに、このブログをご覧になって、実際にお出掛けいただき
その後、お車で銚子までお越しになり、
私ども銚子さかな料理かみちへお立ち寄り頂いた方がいらっしゃいました。

国道126号線で銚子に入る直前に旭市飯岡という街があります。
その小高い岬の上にある「刑部岬」からの眺望は、
「日本の夕陽・朝日百選」「日本夜景遺産」等に認定されているほどの美しさ。
夕陽・夜景はシーズンを通して素晴らしい景色を見せてくれますが、
特に冬の空気の澄んだ日には、遠くに富士山を眺めることができます。
2005-1129-1025_0.jpg
《千葉県旭市ホームページより借用》

昨年は確か2月頃に行われていたのですが、
今年は1ヶ月早く、1月下旬に開催だそうです。

夕陽に照らされながら、リラックスしたり、
大切な方と一緒に、ほっこりしたり、
単純にキレイな写真を撮ってみたり・・・

夕陽が水平線に沈む時間を待つ、
その瞬間を待つだけです。
贅沢な時間の使い方、たまにはいかがでしょうか?


 日  時  1月29日(土曜日)16:30~18:30 
 場  所  飯岡刑部岬展望館(旭市上永井1309-1)
問い合わせ 飯岡観光協会 0479-62-5338


海風が抜ける、岬の上です。
万全の防寒対策のうえ、お出掛けくださいね!

PageTop

外国人向けの観光ガイドブック 2

昨日ご紹介した外国人観光ガイドブック、
今日は成田空港からイチバン近い国、隣国の韓国版をご紹介します。

成田空港からだと、約2時間30分前後のフライト時間で韓国仁川空港に到着します。
銚子~東京間を走る、高速バス所要時間とほぼ一緒なんです。
そう思うと、かなり近いですね。

表紙には、何気に銚子の風景が載っています。
お分かりになりますか??
ガイドブック 韓国1
答えは、4つもあるんです!
  「銚子マリーナから見た屏風ヶ浦」
  「犬吠崎灯台・近景」
  「愛宕山から見下ろした犬吠崎灯台」
  「ウオッセ21のマグロ解体ショーの様子」

中国版と同じように、千葉県をいくつかのエリアに分けて案内されています。
 湾岸エリア
 成田・佐原エリア
 南房総エリア
 九十九里・銚子エリア
 そして他に、温泉・お花畑・お祭り情報が載っています
ガイドブック 韓国4

九十九里・銚子エリアのページでは、ほぼ銚子のみが紹介されているんです。
それだけ、観光資源が豊富にあるって事なんですよね~。
中国版とも共通していますが、「自然」や「歴史」が、メインに打ち出されいるんですね。
同様に、その街や地区に根付く「文化」や「生活」にスポットが当たっているのが
十分にわかりますよね。
やっぱり、異文化の方々から見ても、雄大な自然や、
チョット懐かしいノスタルジックさは、素敵に見えるんですかね?
ガイドブック 韓国3

そして旅行といえば、万国共通でおみやげを忘れちゃいけません!
銚子エリアでお土産と紹介されているのが・・・
食品では「醤油」「ぬれ煎餅」「缶詰」
その他雑貨では「銚子ちぢみ」「大漁旗」
まっ、定番中の定番ですね。
ガイドブック 韓国2
けど、韓国の方々って、固いものがすきなんですよね?
ぬれ煎餅って大丈夫かな?(笑)ふにゃ、ふにゃ、軟らかいのに・・・
そんな余計なお世話的なことを思ってしまいました。
韓国

PageTop

外国人向けの観光ガイドブック 1

2003年から国土交通省管轄の観光庁が主体となってスタートした
外国人旅行者の訪日促進活動の「ビジット・ジャパン・キャンペーン」
「YOKOSO! JAPAN」のスローガンでもご存知の方は多いかと思います。
YJ.jpg

銚子市は、日本の玄関口である成田空港から1時間程度で訪れる事ができます。
実際に、どのくらいの外国人観光客のお客様が銚子観光にお見えになっているのかは
定かではありません。

昨今、アジア圏のお客様が多く訪日しているのが目立ちます。
その中でも特筆すべきは、お隣の国である中国。

実は銚子市内で、外国人観光客向けの観光パンフレットを見かけた事がありません。
銚子を訪れる絶対人数が少ないから、無理も無いのでしょうね。

銚子版ではなく、千葉県版としての中国人向け観光パンフレットがありましたので
チョットご紹介させて頂きます。
ガイドブック 中国1
何気によーく見ると、表紙の中に「犬吠崎灯台」と「銚子メロン」が載っているんですよ!

大きく「東京湾」「成田」「南房総」「九十九里」の4つのエリアと
「温泉」「特産」の2つに区切られて紹介されていました。
ガイドブック 中国4

そして『綿延的壮美海岸線孕育渡假勝地』として
銚子は九十九里の一部として紹介されていました。
“綿延的壮美海岸線”かぁ~・・・なるほどねぇ。
見開きで屏風ヶ浦が写真入で紹介されていました。
ガイドブック 中国2

こうやって見ると「自然」や「歴史」が、メインに打ち出されいるんですね。
その街や地区に根付く「文化」や「生活」にスポットが当たっているように思えました。
俗に言う“ハコモノ”などではなくて、なんとなくひと安心でした。
ガイドブック 中国3
そうそう・・・
ディズニーリゾートが紹介されていませんでした。
おそらく諸事情があるんでしょうね。


中国の方にも、銚子の街、銚子の海、銚子の空・・・そんな雄大な自然を
思う存分、楽しんで頂きたいものですね。

PageTop

1億年前にタイムスリップ!

タイムスリップ・・・
ドラえもんのタイムマシーンに乗る訳ではありません。

以前、「東洋のドーバー」としてご紹介させて頂いた屏風ヶ浦は、
アメリカの「グランドキャニオン」を想起させるような、
縞模様のむき出しになった地層が特徴的です。
屏風ヶ浦は、地質学的に見ても、とても貴重な地層が観察できるポイントなのです。
0402 088

かつては海底であった層(砂岩質の岩の部分)の上に
関東ローム層の赤土(火山灰が積もって鉄分が赤く酸化したもの)が堆積した様子が
手に取るように見る事ができます。
崩落した岩を見ると、貝殻などの化石や、
かつてそこで生活していた生物の痕跡に出会える事もあります。。
このように広範囲にわたって地層の様子を観察できる場所は国内にも少ないため、
非常に貴重な存在なんですよ。

海岸侵食により、過去40~50年の間には陸地が50mほど後退したとも言われています。
そしてその昔、鎌倉時代には2~6Km先に陸地があった野ではないか?
そんな研究結果もあるそうです。
ただ、全てが海岸侵食ではないんです。
地震や雨水・地下水による影響でも崩落は進行します。
これにより、独特の荒々しい景観が形成されてきたのです。
0402 100
消波ブロックの設置後、陸地後退は緩やかになりましたが、
今なお変化を続ける姿を眺めていると、その存在感に圧倒されますよ!

銚子の地層体験ツアーは、1月22日(土)に開催です。
愛宕山にある「地球の丸く見える丘ふれあい広場集合」に13時集合です!
(地球の丸く見える丘展望館南側の公園です)

地球の丸く見える丘展望館を出発すると、全行程は徒歩で移動。(約3Km)
  日比友愛の碑
   ↓
  千騎ケ岩
   ↓
  犬 岩
   ↓
  屏風ケ浦
   ↓
  銚子マリーナ海水浴場駐車場で午後4時頃解散の予定



千葉科学大学危機管理学部の安藤生大准教授が
講師として案内してくれるそうです。

基本的に参加費は無料ですが、別途傷害保険料として100円が必要。

お車は、集合場所に隣接している愛宕山無料駐車場
または、解散場所となる銚子マリーナ海水浴場無料駐車場の利用となります。

お問い合わせは、銚子市役所観光商工課までお尋ねください。
          ⇒ 0479-24-8707

PageTop

かもめウオッチングの会

1月6日・ブログ記事「銚子のバードウオッチング」でご紹介した、銚子に集まる「かもめ」を、
地元銚子のボランティアガイドスタッフが、
案内をしてくれるというイベントがあります。
0101 033

これは、「ちば早春観光キャンペーン」の
イベントのひとつなんだとか・・・

開催は今度の日曜日、1月16日です。
朝、9:30に川口神社前に集合してその周辺を歩きながら観察します。
終了時刻は12:30過ぎ。
少し早起きをして、かもめウオッチングは如何ですか?
0107 017

コースは・・・
  川口神社
   ↓
  岩石公園
   ↓
  第3卸売市場
   ↓
  ウオッセ21

利根川の河口沿いなので、とっても寒いはずです。
暖かくしてお出掛け下さい。

PageTop

水揚、日本一にならず・・・

2010年、銚子漁港における総水揚量は21万トン。
残念なことに、わずかですが静岡県の焼津港には及ばなかったそうです。
4年間も1位の座をキープしてきた銚子港は、
残念ながら2位になってしまいました。
1025 005

まっ、昨年の夏は異常なくらい海水温が高温になってしまい、
魚が海から消えてしまった・・・そんな要因もあるのかもしれませんね。
0517 031

そういえば、さんまが秋の食卓から消えてしまった!
そんな事もありましたね。
今年は、そんな異常気象なんて事が起きないことを祈りたいものです。

旬の素材を美味しく頂けますように!

PageTop

駅伝、終わりました。

正式名称は「青木半治杯第62回中学校対抗銚子半島一周駅伝大会」
お正月の箱根駅伝、優勝した早稲田大学が今朝のテレビにも出演されていました。
最近、なにかと話題の駅伝です。

大会当日は晴天!
降水確率も0%です。
ホント、駅伝日和です。

スタート地点となる旧渡船場周辺には横断幕が張られ、
大会の雰囲気を盛り上げています。
長い丈のベンチコートを着た大会関係者(選手?)の姿も
スタート地点にはチラホラと見えます。
0109 009

市内の中継地点へは、「選手役員輸送車」の幕が張られたバスが
どんどん発車しています。
0109 014

銚子駅前のシンボルロード周辺は、ウォーミングアップをする選手の皆さんが
最後の調整をしています。
いつもより、賑やかな駅前通です。
0109 015

昨年同様、インターネットの中継がリアルタイムで配信されていました。
スタート直後の様子です。
結構、この中継をリアルタイムで見ている方が多いので、ちょっとビックリ!
けど、当日銚子までこれない方や、母校で応援している方、
そしてご父兄の方々など・・・と考えれば当たり前なのかもしれませんね。
0109 098

そしてコチラも昨年同様に・・・
とある学校のチームの皆さんが、大会終了後にお食事にお見えになりました。
みなさん大きな荷物を背負ってご来店です。
0109 100

食べ盛りの中学生!お刺身と一緒にお出ししたご飯は、どれもが大盛り。
朝から練習して、走って、応援してお疲れ様でした!
お替りご飯も用意して、もりもり沢お召し上がり頂きました。
帰りの車中は、ぐっすり爆睡なんでしょうね。
ゆっくり休んでお帰りください。
0109 101
来年も、またお越しくださいね。
大盛りご飯でお待ちしていま~す!

PageTop

いよいよ明日です!

いよいよ明日となりました。
「中学校対抗銚子半島一周駅伝大会」
スタート地点も明日の準備が済んでいる様で、あとは当日が来るのを待つのみ。
そんな状態のスタート地点には、駐車禁止用の三角コーンや
新聞社の旗が用意されていました。
0108 006

銚子市内のいたるところでも、最終の調整となる走り込みが行われていました。
選手と一緒にコーチも、一丸となって走っている姿は、かっこよかったです。
0108 021

おそらく、銚子以外の地区からお越しになった選手の方々なんでしょうね。
いつもの都会の学校とは異なる海の見える環境の中で走るのは、
きっと、気持ちいいはず
0108 024

このシーズン、夕陽が沈む日の入りは16:30過ぎ。
昨年もそうですが、走りこみをしている選手の皆さんも
その瞬間だけは、走るのをやめ、夕陽に見入っていました。
中には手を合わせる選手の姿もありました。
きっと、翌日の本番を控え、いい成績が残せることを祈っているのでしょうね。
0108 016

雲が掛かってしまい、海の水平線に沈む太陽を観る事はできませんでした。
けど、明日もいい天気なのでしょうね。
燃えるように、沈み行く太陽が、そんな約束をしてくれている様に見えました。
0108 015

少し肌寒いかもしれませんが、明日の降水確率は0%。
コンディションは、きっといいんでしょうね。
0108 025

そうそうインターネット中継が予定されているんです。
放送開始は2011年1月9日11:00過ぎです。
お時間の合う方は、ぜひともご覧下さいね。

PageTop

日曜日は銚子半島一周駅伝

毎年1月の第2日曜日に開催される、銚子の風物詩です。

早春の銚子半島を駆け抜ける「青木半治杯中学校対抗銚子半島一周駅伝大会」が
1月9日(日曜日)に行われます。

市内のコースとなる道路沿いには、その大会のお知らせと共に
駐車禁止を伝える立て看板が掲出されています。
0107 028

スタートは、午前11:30

銚子駅前シンボルロード旧渡船場前から、
新春の銚子半島を駆け抜ける、全8区・22.9Kmを襷でつなぎます。

1区 4.9Km シンボウルシンボウルロード・元渡船場前~名洗
2区 2.8Km 名洗~銚子市漁業協同組合外川支所
3区 3.1Km 銚子市漁業協同組合外川支所~千葉科学大本部キャンパス消防隊進入口
4区 2.0Km 千葉科学大本部キャンパス消防隊進入口~地球の丸く見える丘展望館
5区 2.3Km 地球の丸く見える丘展望館~犬吠埼灯台地球の丸く見える丘展望館
6区 2.8Km 犬吠埼灯台~黒生
7区 2.0Km 黒生~川口神社
8区 3.0Km 川口神社~銚子市役所

ホームページからライブ中継が見られるようです。

PageTop

銚子のバードウオッチング

利根川の河口沿いにある道路を通過中、ふと目をやると・・・
「何をやっているんだろう??」そんな光景に出くわしました。
0107 024

近づいてみると・・・写真??
完全な防寒具対策です。
0107 016

そのレンズの先にある光景は・・・こんな感じです。
わかりますか? 見えますか?
そうなんです。銚子周辺の海鳥をご覧になっているんです。
真冬でもめったに雪が降らないからなのでしょうか?
数千羽に及ぶ海鳥が、銚子半島一帯に羽を休めに飛来します。
0107 002

この時季、銚子に気飛来するのは
セグロカモメ
オオセグロカモメ
シロカモメ
ワシカモメ
ウミネコ
ユリカモメ
ミツユビカモメ・・・・などなど。
一説によると、日本全国に生息するカモメのほぼ全種類になるんだとか・・・。
どうやら、銚子沖に流れ込む暖流である黒潮のおかげなんだそうです。
また、銚子半島を囲むとまりやすい堤防や岩場、砂場などがあるのも
理由の一旦だそうです。
0107 001

余計な悪戯をしなければ、きっと近くに来てくれるかも?
ただ、「くちばし」と「目」が怖いんですよね~
攻撃的な印象があります。
0107 006

漁港周辺では、実に様々な泣き声を聞く事ができます。
ギィー、ギュイー、キチッ、クイッチイッ、キューイ、キュッキュッ、
ミャーオー、アオーッ・・・
どれが、どの種類の鳥のものなのかはわかりませんが・・・

けど、ごくまれに音も立てずに、いきなり低空飛行で自分のほうに飛んでくると・・・
やっぱり怖いですね。
0107 017
そうそう、市場などで水揚げされた際に、道路に落ちている魚などの餌がある事も、
銚子に海鳥が集まる原因かもしれませんね。

PageTop

こだわり食材のコンビニ弁当

「近頃のコンビニの商品ってすごいよね!」
最近よく耳にするし、そう感じることがあります。

代表的なのが「おにぎり」
お米だったり、具材だったり、結構こだわっていて、
なかなか美味しいものもあります。侮れません。
あと最近では「コンビニスイーツ」
お手ごろな価格で、結構こだわった面白い商品が沢山ありますよね。
ある意味、トレンドの牽引役も担っている感じです。

そして、そんなこだわりをもった商品が並ぶコンビニの棚に
『銚子』の文字を発見しました!

千葉県銚子で創業365年
ヤマサ丸大豆の吟選醤油使用
具たっぷり焼うどん

焼きうどん

全国で販売ではなく、関東地区だけの販売だと思います。
(醤油という素材は地域色が強いので、全国は難しいんですよね~)
けど、しっかりとコンビニのケースの棚で『千葉県銚子市』をアピール!
「焼うどん」という地味な商品ではありますが、立派なセールスマンだと思います。

もしお近くにあるコンビニで見かけたら、手にとって「銚子」のことを
少しでもいいので思い出してみてくださいね!
udon.jpg

PageTop

「銚子を勝手に盛り上げる会」

そうなんです、勝手に!?盛り上げようとする会なんです。
銚子に何度か脚をお運びになった方々が、都内にお帰りになった後
「その後、どうも銚子が気になる!」
「銚子の事、友達に伝えたくなる!」 
「もっと銚子を深彫りしてみたい!」
そんな衝動から、今回のお話になった・・・。
そんな方々と、お話しをさせて頂ける機会がありました。

直近のデータによりますと、銚子へ訪れる年間の観光客数は、
およそ277万人だそうです。
そのうち1割弱の方々が、銚子に宿泊をされるそうです。

都内からは約100km、JRの特急や高速バスでも2時間~2時間30分程度で
アクセス出来てしまうため、年々日帰り観光の割合が多くなってきています。

インターネットを始めとする媒体で、
銚子観光の情報が容易に手に入れる事ができるようになりました。
もちろん、従来のガイドブックや、銚子観光協会の作成したリーフレット類も
重要な情報源です。
0101 080

会の中で、何度か出てきた話題、
「銚子って、伊豆や箱根と十分に競合できるエリアだよね!」
「伊豆もあるけど、銚子もね!」
そんなキーワードがいくつも出てきました。
おそらく、銚子の観光産業に携わっておられる方々がお聞きになったら
きっと、きっと、嬉しいはず!喜んでしまうこと間違いありません。

けど、伊豆や箱根にできて、銚子にできないことって何なのでしょうか?
それは「情報発信力」「プレゼンテーション力(提案力)」「ブランディング」
なのではないでしょうか?

これからこの「銚子を勝手に盛り上げる会」を応援していきたいとおもいます。

新年から明るい話題で、よかったです!

PageTop

華やかな3日間でした

「銚子さかな料理 かみち」は、元旦より本日3日まで営業させて頂き
新年早々、多くのお客様にご来店頂きました。
誠にありがとうございます。

3日間とも、寒さは厳しかったものの、比較的お天気もよく
多くの方々が銚子へお越しになられた様子でした。

この三が日は、通常のお客様のほかに、ご予約のお客様に多くお越しになりました。
中でも、御用途として多かったのが「同窓会」。
都心部と違い、地方である銚子では、お正月や夏のみなと祭、お盆の際に
帰省をされる方が多くいらっしゃる様子です。

30年ぶりの同窓会というご宴席もありました。
しかし、そこは旧知の仲。
30年間の空白などの溝は、わずか数分で埋まってしまい、
気分は学生の頃に戻っていらっしゃったようです。

毎回、同窓会としてご利用いただく際の共通点があるんです。
お話に夢中になり、お食事がなかなか進まないんです。
配膳させていただくスタッフとしては、温かいお料理は温かいうちにお出ししたいのですが
なかなか思うようには行かず・・・実は、苦労します。(笑)
とはいえ、せっかくの同窓会。久しぶりにお会いになられたご学友との再会で
会話が弾むのは当然の事。同窓会のメインはお客様の会話ですもんね。

今回お正月期間中は、前菜をお正月仕様でご提供させて頂きました。
黒豆、数の子、金柑、カステラ卵・・・
0103 002

どちらのご宴席も長時間に渡り、とても楽しそうに、
ご歓談を楽しまれておられました。

明るく賑やかなお席からは、微笑ましいご様子が伺え
新年から華やかなご宴席でした。

また来年のお正月もお越し頂けますよう、お待ち申し上げております。

PageTop

川口神社へ初詣

利根川が太平洋に注ぎ込む河口を望むように建っている川口神社。
毎年1月1日には、御神酒を持参して初詣に行きます。
銚子市内で漁業関係・魚関係に従事している方は、
ここ川口神社か、外川・犬若地区の渡海神社に参拝します。
0101 021
詳しい云われなどは、川口神社と大潮祭りを参照してみてください。

階段をどんどん上がっていくと、お社があります。
ホント歴史を感じる、味わい深いものです。
灯籠など奉納している方を拝見すると、通常は一般企業や商店が多いのですが、
ここ川口神社の場合は、殆どが船の方です。
それだけ、漁業関係に縁が深いという事が云えると思います。
0726 035

その証として、境内の手水舎のそばには、船の錨が無造作に置いてあります。
どんな理由なのかはわかりません。やっぱり、奉納なんですかね?
それより、長い階段を多くの人数で運び込んだものだと思われます。
重たかったんではないでしょうかね?余計な心配をしてしまいました。(笑)
0101 025

毎回帰り道に感じる事。「眺めが良すぎる!」
天気がもっと良い状態であれば、きっと美しい光景なんでしょうね。
そうそう、毎回思いますが・・・
この階段は、昇り階段の時と、降り階段の時は、
どちらが楽チンなんでしょうかね?
0101 024

参堂の先には、船の姿が見えます。
本当に素敵な神社ですよね。
皆さんも機会があったらぜひ立ち寄ってみてくださいね。
0101 027

PageTop

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

皆様、明けましておめでとうございます。1231 999
                                      《画像出処:銚子市観光協会》
お蔭様をもちまして、有限会社上地商店は、
創業42年目を迎える事ができました。

これも多くのお客様にご来店いただき、
皆様に励まされ、支えて頂いた賜物。
これからも、皆様からのお力添えを頂戴しながら
一生懸命にがんばっていく所存でございます。

みなさまにとって、ご健康でご多幸になる様な
輝かしい、素敵な2011年になります事を
社員一同、心よりお祈り申し上げます。

昨年1年間、誠にありがとうございました。
そして本年も、変わらぬご愛顧を賜ります様、
どうぞよろしくお願い申し上げます。


2011年 元旦


    有限会社 上地商店   
                  代表取締役 上地 政江
                  専務取締役 上地 寿之

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。