腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フリッパー号

銚子海洋研究所が、イルカウオッチングを行うためのクルージング船です。

今回の大震災で銚子市も津波により海岸域、利根川流域が被害を受けました。
特に、フリッパー号が発着する銚子マリーナ周辺は、壊滅的。絶句です!

この震災により、外川港前にある銚子海洋研究所のオフィスも津波の被害にあい
現在も復旧作業中です。
フリッパー号の発着港もなくなってしまいました。
マリーナそのものは・・・復旧できるのか?という状況です。

そんな中、フリッパー号は難を逃れ、一時的に外川港に停泊していました。
0328 029

地震が発生した際、海洋研究所所長でプリッパー号船長の宮内さんは、
オフィスから、すぐにフリッパー号の停泊している銚子マリーナに車で急行し、
船を沖へ出して、津波の被害を逃れたそうです。
(発着場所に乗り捨てた車は、残念ながら津波の被害にあってしまったそうです。)

銚子観光のひとつであるイルカウオッチングが、再開できるのか?は未定だそうです。
けど、親潮と黒潮がぶつかり合う銚子沖で、
ほぼ1年を通じて野生のイルカ・クジラ類を見る事で味わう「感動」や「感激」は、
ひとりでも多くの観光のお客様に見ていただき、感じていただきたいものです。
タイミングが合えば、5,000頭ものイルカの群れに出会うことができるんだとか。

0328 027
津波を起こした海が、いつものように穏やかな海になることを祈りつつ
愛くるしいフリッパー号で、また楽しいイルカウオッチングができる様に
1日でも早く再開できる事を、心より期待します。

スポンサーサイト

PageTop

銚子のお魚に『安全宣言!』

今日の昼間、一瞬でしたが「雪」が降りましたね。どおりで寒いはず!
銚子の周囲の市町村では、まだライフラインが復旧していないところもあります。
津波の甚大な被害があった旭市飯岡地区、利根川を挟んだ対岸の神栖市、
ご不自由な生活をされている中、寒さは大敵です。
1日も早い復旧を願ってやみません。


福島県における原子力発電所の事故、周辺地域を中心に、
各地で農産物・水産物・畜産物などの汚染問題。
あれだけ報道されると、心配になりますよね。

ここ銚子は食糧自給率が240%以上。
けど、その食品は安全なの?と心配されている方も多いはずです。

今朝の新聞に、以下の記事が掲載されていました。


千葉県は25日、銚子沖で採取した水産物4種類の放射性物質を検査した結果、
カタクチイワシから暫定規制値以下のごく微量の放射性セシウムが検出されただけで、
マサバ、ヤリイカ、ヒラメからは検出されなかったと発表した。
イワシから検出された放射性セシウムは1キロ当たり3ベクレル
(暫定規制値は500ベクレル)。

銚子市漁協(組合員200人)の坂本雅信組合長は記者会見で
「出漁を見合わせていたが、千葉の魚の安全宣言と受け止める。
消費者の方々に安心して食べてほしい」と語った。

漁協によると、津波の際に沖に避難して無事だった船は出漁準備を進めてきたが、
福島第1原発事故の影響で10日間休漁。
23~24日の試験操業で取ったキンメダイやサバなどを検査に回していた。
26日未明から一斉に出漁する予定。

坂本組合長は「被災した東北の船から銚子に入港したいとの要請もあり、
荷揚げや給油など可能な限り対応していく」と話した。

そう、銚子の魚に安全宣言が出たんです。
もちろん、これからも引き続きモニタリングは行われ、
「安全」という価値と共に、銚子の魚は皆さんの食卓に上ることでしょう。

kinme01080718.jpg

千葉県のホームページでも、同内容はリリースされていました。
水産物(キンメダイ)の放射能検査結果について
水産物(マサバ等)の放射能検査結果について


どうぞ、ご安心された上でお召し上がりくださいませ!

PageTop

地殻変動

日を追う毎に、今回の地震の“凄さ”を感じます。
そんな事を感じる話題のひとつ「地殻変動」です。

国土地理院の調査によると、マグニチュード9.0だった東日本大震災後も
実は地殻変動が続いているってご存知でしたか?
大きな地震後に起こる「余効変動」と呼ばれる現象と見られているそうです。

ここ千葉県銚子市では、17cm東南東に地殻が動いたそうです。
カーナビ等でおなじみの全地球測位システム(GPS)の
システムを利用した電子基準点のデータから判明したんだとか・・・

地球も生きてるって事なんですかね・・・。

PageTop

再開、ご来店ありがとうございます!!

本日より店舗の営業を再開させて頂きました。
正直、何人くらいのお客様にご来店いただけるのか・・・不安でした。

けど、お蔭様で多くのお客様にお越し頂きました。
「いやぁ~久しぶり。元気だった?」
「ずーっと待ってたよ!開店するのを!」
ちょうど12:00前後、お馴染みのお客様を中心に、
店内にはいくつもの会話が繰り広げられ
久しぶりに賑やかな店内となりました。

震災後・・・という状況が、状況だけに「満席」とはなりませんでしたが
お元気そうなお客様の表情と、女将を始めとするスタッフの笑顔が
一足速い春の訪れのように感じました。

もちろん夜の店内にも、楽しそうなご歓談の声が響いていました。
心配をしていたけど、逆にお客様から元気をもらった・・・そんな気分でした。


そうそう・・・
今日から甘味もはじめました。
震災後、余震が毎日のように続いています。
少しでもゆっくりとしたお気持ちのお時間を、
ホッとしたお時間をお過ごしいただけたら・・・
そんな想いから、「あんみつ」をはじめました。
0323 011
お食事のあとにはもちろん、
午後のひとときに、あんみつだけでも大歓迎です!

お食事中に“グラッ!”ということも、十分に考えられますが、
お店は元気に開店中です!
どうぞ皆様のお越しをお待ち申し上げております。



この前、たまたま見ていたTwitter・・・
大丈夫」という漢字には、
3人が集まっているから、安心を感じるコトバなんだそうですよ。

“なるほど!”と関心してしまいました。

PageTop

営業再開のご案内

この度、3月11日に発生いたしました
「東北地方太平洋沖地震」の影響により、
しばらくお休みを頂戴しておりましたが、
3月23日(水曜日)より、
店舗の営業を再開させて頂く事になりました。


休業中は、ご心配を頂きましてありがとうございます。
またお客様におかれましては、ご不便をお掛け致しました事
心よりお詫び申し上げます。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


しかし、一部のメニューについては
ご提供が難しい状況でございます。

鮮魚の仕入が一部困難な状況であることが大きな要因でございます。
現在、銚子漁港の水揚は、限られた魚種しか行われておりません。

銚子を代表する魚である「いわし」や「金目鯛」等についても
現在のところ、入荷困難な状態です。

これらの事情により、お客様にはご不便をお掛け致しますが、
ご理解賜りますよう様、お願い申し上げます。


まだまだ余震が続きます。
どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。

PageTop

笑顔の回覧板

今、すぐそばにいる人を大切にしませんか?
いっしょに笑えること見つけませんか?
私たちが、すぐそばの人を大切にしてゆけば、
次の人へ、また次の人へと・・・
回覧板のように、愛を届けたい人達にまで、
どんなに離れていても届いてゆくはずです。
届け、届け、東北へ…、届け、届け、世界へ…

震災後、「笑顔の回覧板」がちょっとしたブームになっている様です。
ボランティアに行った方が、被災者の方から“笑顔”をもらって
逆に勇気と元気をもらった、そんなお話を聞きました。

笑顔って不思議ですね。

そうそう、銚子でもそんな笑顔にピッタリの「桜」の花が咲き始めました。
0311 079
写真は、春日町の浄国寺の山門脇にある桜の木です。

桜の種類は、正直なところ良くわからないんですけど・・・
少し早めに開花する「河津桜」ですかね?
青空に、桜のピンク色がよく映えますね。
0311 082

この桜の花のように、みなさんに笑顔が届きますように…
そして、たくさん届きますように…

PageTop

再発見!

週末は、全域で計画停電が見送られた様子ですね。
数日前から銚子駅前商店街のアーケードの照明は消灯され
街路灯だけが点灯しています。
0320 002
震災前に比べると、少しだけ暗いですが・・・けど十分に歩けます。
ひとつ、ひとつは、小さい事かもしれませんが、
計画停電に伴う「節電」。案外不便なく過ごせているような気がします。
今までが、必要以上に快適で、便利すぎたのかも知れません。

街の灯りが少ない分、いつもより夜の暗さを、
より一層感じるようになりました。
空を眺めたら・・・いつもより星が多く見えるんですよね。
「こんなに夜空に星があったっけ?」
こんな再発見があると、節電も悪くは無いですよね?

PageTop

震災のあとの復興。

今日も何度か、揺れがありました。
夕方の揺れは、幾分大きかったような気がしました。
ちょうど炊事中の時間だったので、ヒャッ!とされて方も多かったのでは?
地震の揺れに慣れてきた今頃が、イチバン油断をして危険なのかもしれませんね。
夕方、防災ヘリらしき機体が銚子上空を飛行していました。
まだまだ気が抜けません。

昼間に所用で出掛けました。もちろん徒歩。
銚子大橋から利根川沿いを少し上流に上がったところにある、
通称“本城ドック”を通りかかったときに見た光景です。
0319 014
津波の影響なんでしょうか?
ゴミが、プカプカと浮かんでいます。
画像には写っていませんが、水没した船舶もありました。
こういった津波の爪あとは、市内のいたるところに沢山あります。
もう1週間も経過するのですが、まだまだ片付く状態ではありませんね。

今日も銚子地方は、真っ青な青空、そう快晴でした。
夕方、少し雲が出始めたくらい。
今日の夕焼け雲と銚子大橋です。
0319 032

反対側を見ると、月も出ていました。
この光景だけ見ると、とっても平和な様子ですよね。
明日も、今日のお天気のように、のんびりとした平和な一日になる事を
願ってやみません。
0319 050

そうそう・・・
銚子は水産加工業が盛んです。
その働き手の中には、諸外国の「出稼ぎ組」や「研修生組」が多くいます。
工場が用意した社宅などアパートに住み込みで働いていました。
実は地震発生した当日、そして翌日と、その諸外国の一部の方々が
「ジシン、コワイデス」と言って、銚子から成田空港までタクシーで行き
母国に帰国されてしまった様子なんです。
スーツケースを積んで成田空港まで走ったというタクシードライバーさんから
そんなお話をお聞きしました。

つまり、銚子の水産加工場では作業に慣れた労働者が
いなくなってしまったんです。
工場によっては、生産が継続できないところも出てきているそうです。
「地震」「津波」と耐えてきた銚子ですが、
こればっかりは、どうにもならない・・・といった状況です。
もちろん、この現象は銚子市における水産業だけの問題ではなく
日本全国においても切実な問題になるのかもしれませんね。

PageTop

本来ならば、三連休なのですが・・・

地震から1週間以上が経過しました。
本来であれば、お彼岸シーズン。
お墓参りや、春の観光で多くのお客様が銚子にお見えになるはずでした。
けど現状では、やっぱり現実的ではありません。

週末からお彼岸を中心に、多くのご予約を頂き
お客様のご来店をお待ちしておりましたが、こんな状態です。
全てのご予約がキャンセルとなりました。
IMG_1083.jpg

折りしも、「送別会」や「卒業御祝」のシーズン。
本来であれば、多くのお客様の笑顔が画繰り広げられるはずでしたが
仕方ありませんね・・・。

銚子は漁業や農業のほかに、観光業に携わっておられる方も多く
これから春を向かえ、観光シーズンとなる矢先の出来事で
ダメージが大きいのも事実。

市内の飲食店における予約のキャンセルによる被害額は
規模により、10万円単位から100万円単位に及ぶそうです。
犬吠崎を始めとする観光宿泊施設の予約キャンセルによる被害額は
100万円単位から、大きな施設では2,000万円とも3,000万円とも
言われているそうです。
いずれにしても、大きな打撃には変わりありません。

災害復興には「救援物資」「募金」「ボランティア」など
いろいろな“形”とか“スタイル”があると思います。
けど、そういった「直接的な支援」ばかりでは無いと思います。
「物資の買占め」や「ガソリンや灯油などのエネルギーの節約」、
そして「節電」などは災害復興の「間接的な支援」なのかもしれません。
無駄な待機電源を切るとか、早く寝るとか、エレベーターを使わないとか、
その方法はいろいろです。

落ち着いてきた頃になったら、ぜひ銚子観光にお越しになってください。

個人のお客様、ぜひ「銚子に行ってみよう!」そんなお気持ちで
“銚子への旅行”をお仲間とご一緒に計画してみてください。
また旅行会社さんは“銚子への旅行”を企画・催行してください。
地震や津波の影響で、一部景観が元通りになっていない箇所もあると思いますが、
けど、観光でお越しになったお客様をお迎えする気持ちは震災前と変わりません。

銚子に、多くの方が観光という形でお越し頂ければ、
宿泊施設や飲食店、お土産屋さんなど、観光業にとっては十分な復興です。
ご支援、心よりお願い申し上げます。お待ち申し上げております。

PageTop

臨時休業のお知らせとお詫び

この度の地震により、
弊店の店舗設備に被害が発生致しました。
営業に支障があるため、営業を見合わせる事となり、
誠に勝手ながら、3月22日(火)まで
お休みをさせて頂く事に致しました。

設備の修理・修繕等を行い、
3月23日(水)の再開を予定致しております。
お客様におかれましては、大変ご不便をお掛け致します。
かかる事情、何卒ご了承を賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。


                有限会社上地商店  
                             代表取締役  上地 政江
                             専務取締役  上地 寿之

PageTop

ブログを通して感じること・・・

3月13日のブログにも書かせて頂きましたが、
震災を機に、全国各地の方々よりご心配を頂きまして、
心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

現在の銚子駅、JRは不通となっております。
駅は封鎖されています。
0319 001
一部、高速バスが運行してるようですが、時間通りとは行かず・・・
道路も国道126号線、国道356号線、ともに一応は通行できる様ですが
途中デコボコだったり、チョット大変みたいです。


このブログ、『Webで銚子をお散歩』をテーマに
毎日の出来事や、ふと思った事を綴ってきました。

こんなブログなのに・・・(笑)
毎日見て頂ける方々がいらっしゃるんだなぁ~と感じております。

緊急時「つながること」の大切さを、身をもって実感しております。
ご家族、ご友人、ご近所の皆様・・・かけがいのない大切な存在。
改めて、その事に気づかされる出来事です。
皆様、どうぞ、あたり前の毎日に深く感謝しつつ、
日々お気をつけてお過ごしくださいませ。

まさに『普通価値発見』の連続です。

PageTop

ランチ営業だけ開店。

震災後、初めてお店を開けました。
とは言っても、ランチの営業のみです。
メニューについても限定してのご提供でした。
IMG_1075.jpg

店内は電力消費軽減のため、店舗照明の一部消灯や空調の温度調整等で
節電させていただいております。
ひとつ、ひとつは小さな事かもしれませんが、積み重なれば被災地の方々の一助になり
復興へとと繋がるのかもしれません。
皆様のご理解と、各ご家庭でのご協力をよろしくお願いいたします。
IMG_1072.jpg

明日16日(水曜日)は、東京電力による計画停電が予定されております。
実施されたり、見送られたり、いまひとつ納得いきませんが、
ひとまず予定されておりますので、お休みさせて頂きます。

今後の予定につきましても、順次ご報告して参ります。
ご利用頂く際には、ご確認頂ければ幸いです。


わたくし達がすべき事。
それは沈んだ気持ちを盛り上げるべく、
ご来店してくださったお客様のおもてなしをすること。
いつも通り、温かいご飯とお味噌汁を作ってご来店を待つ事なのかもしれません。

諸事情によりお客様が減少したり、鮮魚や野菜の仕入が思うようにいかなかったり、
店舗スタッフの通勤に支障がでたり・・・きっと、いろいろな障害が出ると思います。
けど、そのような障害に負けないように私達にできる事を、
精一杯がんばりたいと思います。

PageTop

いろいろと、思うこと。

3月14日17:00。
昨日の晩あたりから報道されていた「輪番停電」が開始されました。
(「計画停電」とも呼ばれています。)

陽が落ちて、薄暗い闇に包まれてゆく銚子駅は、
タクシーのライトだけが、明るく灯る唯一の光です。
0311 088

いつもは多くの車両が行き交う駅前十字路。
停電の影響で、信号も消灯しています。
警察官の姿は無いので、それぞれのドライバーが、
お互い譲り合って、通行しています。
双方の思いやりを感じますよね。
0311 092

Twitterで大きく取り上げられている話題をひとつご紹介します。
停電させるエリアについて、皆さんはどう思われますか?

千葉県内で、いちばん被害の大きかった旭市や、
ここ銚子市で停電が始まりました。
利根川を挟んだお隣の神栖市や鹿島市でも同様に送電が停止され停電に。
神栖市ではまだ断水中で、ご不自由な生活をされているそうです。

今回1~5グループに別けられた各地域ですが、
朝から各エリアは停電見送りとなったのですが
結果的に今日は被災地に当たるエリアだけが送電停止となりました。

家が倒壊された方、流された方、
電気や水道のライフラインが麻痺している方など
そういった方々が多いエリアは、何とか除外して頂く訳には
いかないのでしょうか・・・?

まっ、いろいろとご事情はあるかと思いますが、
なんとなく納得できない状況です。

PageTop

みなさま、ご無事でしょうか?

3月11日の午後に発生致しました、
「東北地方太平洋沖地震」で被災された、
そのご家族・関係者の皆様におかれましては、
心からお見舞い申し上げます。


この度の地震により、店舗の営業は休業させて頂きます。
また東京電力による計画的停電等による影響を受け、
明日以降の営業についても休業、または一部時間を短縮するなど
営業時間の変更をして営業させて頂く事が想定されます。
かかる事情、何卒ご了承を賜りますよう、お願い申し上げます。

お客様、お取引先様を始め、多くの方々よりお電話を頂きました。
ご心配頂きまして、誠にありがとうございます。
感謝申し上げます。


災害の時、まずは御身大切に、
ご家族・ご友人の安全確保を最優先して下さい。

刻一刻と拡大する被害の大きさに心が痛みます。
ただただ被災者のご無事と 被災地の復興を祈るばかりですが、
不安に駆られることなく 勇気を持つことが大切ですね。

無事であるものたちは、一日も早くわれわれの国、
日本の復興に全力を持って、尽力しなくてはなりません。
一日も早く大事な人の安否が 確認できるように動くとともに、
いま、目の前でできることに、全力を尽くしていきましょう。

これまで、わたしたちの祖父母、親の世代が戦後の復興に尽力してくれたように
今度は、私たちひとりひとりが 新しい日本を作り上げていく覚悟をもち、
いまの困難に立ち向かっていきましょう。

被災して命を落とされた多くの方々のご冥福と
いまだ安否不明な方々の命の無事を心から強く祈ります。

PageTop

今日は時化でした。

今日は、季節はずれの寒い一日でしたね。
千葉県内も、降雪が観測されたそうですね。
銚子の第二市場にも・・・「雪」に見えますが、雪じゃないんです。
0307 032
これは、砕氷。獲った魚の鮮度を維持するために、使用するんです。
まっ、その残りなんですね。
こんなに寒い日でも、銚子には雪が降りませんでした。

けど、低気圧の影響で海上は時化。大荒れです。
こんな日、海鳥達は安全な港湾に集まってきます。
0307 031
写真には写りきらないほど、沢山の海鳥達が頭の上を飛び交っていました。

そうそう、たまたま通った河岸公園の船着場に船が停泊していました。
とはいっても、ヨットだったんですがね。
この桟橋が使用されていたのを、初めて見ました。
0307 036
けど、ヨット・・・桟橋になんとなく不釣合いに思えたのは気のせいですかね?

PageTop

おもてなし

今日、とあるミーティングがあり犬吠埼のあるホテルに出掛けました。
時間があったので、ロビーをふらふらとしていると・・・
こんな看板が目に留まりました。

「明日3月6日の日の出は6時1分です」
0307 024

犬吠崎という場所にある宿泊施設という特性を考えると
「日の出」そのものが、宿泊のお客様にとって価値のあるものなんですよね。
一日が始まる日の出、それも太平洋の水平線から昇る「日の出」は
旅行の思い出としては、とっても記憶に残る光景なのかもしれません。

そんな「おもてなしの心」をとても感じ、看板という「しつらえ」に
『銚子が自慢する「日の出」を、ぜひご覧頂きたい!』
そんな気持ちを感じる事ができました

茶人、千利休が示した茶の七則というものがあるのですが、
それは茶道における「もてなし」と「しつらえ」を基本とする教えなんだそうです。
「もてなし」に代表されるような配慮や、
「しつらえ」に代表されるような準備や演出は、
日常生活においても、社会生活においても、
参考になる部分が多いように思われるのです。

そもそも「もてなし」とは・・・
  ・相手の立場に立って相手の感覚を尊重し、相手の経験を豊かにすべく応える
  ・心に余裕を持ち、焦りや、それを相手に悟られることのないようにする
  ・相手の不快さや災難を抑え、一期一会を楽しめるように配慮する
  ・そうしたことによって、相手によりよい体験をもたらす

そもそも「しつらえ」とは・・・
  ・的確に確実に、もてなすための準備を整える
  ・本質を的確に表現しつつ、本質を端的な形で表現する
  ・心地よい演出を加えて相手に快適な気分を味わってもらう
  ・そうしたことによって、相手によりよい体験をもたらす

ちょっとした心配りをする事で、人の心や気持ちを豊かにするんですね。
実際に犬坊周辺の宿泊施設で、こういった取り組みをされている処が
どれだけあるのかはわかりませんが、とても良い取り組みだと思います。
0911 084

犬吠崎から見る朝陽、ホントきれいです。
機会があれば是非ともご覧ください。

PageTop

高速バスの車窓から・・・

高速バスの最終便は東京駅八重洲口を出発22:52、そして銚子に到着するのが24:59。
(ちなみに、始発の浜松町バスターミナル発は22:32発です。)
途中首都高速湾岸線を経由して、東関東自動車道を経て、
最終便は小見川経由で銚子の街へ入ってきます。
1125 023

実はそんな最終の高速バスの車窓から、ちょっとステキな夜景を観る事ができるんですよ!
それが、これです。
場所で言うと、JR成田線の小見川駅と笹川駅の間。
利根水郷ライン(国道356号線)から鹿島の工業地帯方面を望んだ景色です。
煙突やパイプラインのような施設がライトアップされて、キレイですよね。
0225 103
おそらく、三菱化学などの工場にある煙突から煙が出ているのもわかります。
24時間稼動の工場なので、夜でもピカピカ!

時間にして約1~2分の景色ですが、つい見とれてしまいます。
この景色が目に入ったら、バスもまもなく銚子市内に入ります。

夜は比較的真っ暗の景色なので、車窓からのい眺めもあまり良いものではありませんが、
こんな景色も見えるんですよ!

PageTop

放送延期のお知らせ

3月2日・ブログ記事「テレビで銚子が紹介されます」とご紹介しましたが、
“急遽 !” 国会中継のために、放送が延期されました。

本日付、銚子ローカルの地元紙「大衆日報」にも
1面で多くの写真と共に紹介されていました。
銚子市民の皆さんの中には、ご覧になった方もいらっしゃったのでは?

せっかくのチャンスだったのに・・・。
チョット残念です。

とはいえ、放送が中止になったわけではなく、延期です。
なので、また放送日が決定しましたら、こちらのブログでお知らせ致します。


外川の町の中にある“路地”に夢中!
↓後姿の高橋美江さん。
0210 184
詳しくは、放送をごらんくださいね。

PageTop

テレビで銚子が紹介されます。

テレビで紹介される銚子の街。
「海鮮いっぱいのグルメ」とか「活気満ち溢れる銚子港」
そして「君ヶ浜と犬吠埼灯台」、そんなコースが想像されますよね。
けど今回はそんな定番のコースではないんです。

放送は、NHK総合で、3月4日(金曜日)11:05~11:54
暮らしに役立つ!人生が輝く!とっておき情報満載!
「こんにちは いっと6けん」という番組です。
こんにちはいっとろっけん
番組内に「とっておき散歩」というコーナーを持つ
絵地図師で散歩屋の高橋美江さんが、銚子の外川の街をお散歩します。

まっ、内容は番組をご覧になってからのお楽しみ!という事で。
まち歩きの講座を持ち、散歩屋でもある美江さんの専門は、
まちの「ハレ」と「ケ」を見つめる「お散歩民俗学」。
きっと銚子のみなさん“目からウロコ”の発見があるのかもしれませんよ!

そうそう、番組の最後には感動的なシーンもあるはず!?です。
それも番組を見てのお楽しみです!
0225 047

PageTop

独りぼっちの外川駅。

銚子電鉄・外川駅。
夜になると周囲は真っ暗。
都内だと、駅前はネオン看板などで眩しいくらい明るいんですが、
ここ外川駅は、ご覧の通り。

そんな暗闇の中にひっそりと、今はもう使われなくなったデハ800形が留まっています。
駅舎からのわずかな光りで、なんとなくその存在がわかる程度です。
0210 266

下り電車が外川駅に入線してきました。
退役したデハ800形にとっては、ヘッドライトが眩しいのかもしれません。
なんとなく、そう思います。
0210 271

隣に並んだ現役のデハ1000形の灯りで少しだけその車体が照らされます。
外見はまだまだ丈夫そうなんだけど・・・
0210 293

下り電車が出発したあとは、また暗闇にポツンと取り残され、静寂に包み込まれていました。
今運行している車両は少し丸みを帯びてかっこいいのかもしれないけど、
むかし大活躍していた車両のほうがなんとなくカッコイイと思えて仕方ありません。
ゴツゴツとした感じ、無骨な感じが“職人”みたいに見える時があります。
0210 257

人間で言えば、もうおじいちゃんなんですよね。
1950(昭和25)年に伊予鉄道に登場。ご縁があって銚子にやってきました。
2010(平成22)年9月23日に引退運転を行って、
今はその余生を、銚子電鉄を代表するこの外川駅でゆっくりと過ごしているんでしょうね。
801形 001
そっと「おつかれさま!」と、声を掛けたくなります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。