腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

観光アテンダント

震災直後は、昨年の1割程度のお客様しかお見えになっていなかった銚子観光。
あまりの激減に、一時は「どうなってしまうのだろうか?銚子市の観光は・・・」
そんな心配が、市内のあちらこちらであったのも事実なんです。

けどこの夏、本当に少しづつではありますが、
観光客の皆様が戻ってきたような気がします。
本当に、嬉しい限り!ありがとうございます!!

少しづつでも・・・せっかくお越しいただいたお客様に、
なんとか銚子を愉しんで頂こう!と強い見方が登場!
その名も「銚子市観光アテンダント」
chb11070416590003-p1.jpg


銚子市観光協会では、銚子観光プロモーションの担い手として、
また、銚子へいらした観光客の皆様へのおもてなしを行う4名の観光アテンダントさんが
皆様のお越しをお待ちしております。

観光アテンダントとは、JRや高速バスで銚子にお越しいただいた後、
市内の路線バスや銚子電鉄に一緒に乗りながら、市内の観光アテンダント業務や情報発信、
また各種イベントでのPR活動などおもてなしの顔として
旅の感動づくりをお手伝いしています。

2010年、銚子を観光で訪れたお客様は約280万人。
前年に比べ、ほんのわずかですが微増しているんです。
けど反面、お泊りで銚子観光をされる宿泊のお客様は23万人。
1985年の58万人をピークに減少傾向に歯止めがかからない・・・そんな状態なんです。

少しでも銚子観光を思い出深いものに・・・、楽しいものに・・・
観光でお見えになったお客様のニーズに応えた必要な情報を提供したり、
インターネットのブログやツイッターを使って“旬の情報”を発信したりすることで、
観光リピーターの確保などをサポートするそうです。

そんな彼女達が日々発信しているブログはこちら!
銚子市観光アテンダントブログ
結構、着眼点がおもしろいですよ。
銚子観光の前には、要チェックです!
header_pic.jpg

スポンサーサイト

PageTop

取材がありました。

夏休み本番!
とある情報番組の取材がありました。
現在、銚子市で実施されている「いわしまつり」に関連して、
8月31日まで限定でご提供している「いわしづくし」を取り上げて頂きました。
0726 001

そしてもうひとつ。
いわしと並んで、銚子を代表する魚「金目鯛」についてもご紹介させて頂きました。
「金目鯛づくし」のお料理はもちろん、素材の金目鯛を、カウンター越しに収録して頂きました。
真っ赤な鮮やかな色合いは、新鮮さもさることながら、美味しさも感じる色ですよね。
0726 002

放送前なので、内容については詳しくお知らせできません。ごめんなさい!
また放送日が近づいた時にでも、お知らせさせて頂きますね。

PageTop

第二回 軽トラ市

今日は先月6月から始まった「軽トラ市」の第2回目。
歩行者天国となった銚子銀座通りに、新鮮な地元野菜や果物、
海産物や手作りお惣菜・お弁当、植木や家庭用品などなど・・・・・
荷台に商品を積んだ軽トラックが大集合し、即売が行われました。
0720 100

そもそも軽トラ市、その発祥は2005年に始まった岩手県雫石町の
「しずくいし軽トラック市」なんだそうです。
宮崎県川南町の軽トラ市は、1万人も人々が集まるそうなんです。
Webで調べたら軽トラ市ドットコムなんていう、全国の軽トラ市を紹介するサイトがあるそうです。
銚子の軽トラ市は、まだまだ始まったばかりなので、規模は30~40台ですが、
皆さんそれなりに工夫をされて、楽しいひとときが過ごせます。
0720 014

まずは、地元の野菜。
生産者さんが直接販売されているので、安心安全。究極の地産池消の理想的な形。
ピーマンとしし唐の詰め放題¥200なんていうイベントも面白そう!
朝獲りのとうもろこしは、きっと甘くて美味しいんでしょうね~。
0720 015

銚子港で水揚された魚を原料に作ったさつま揚げ。
注文すると、揚げたてを用意してくれます。
出来立て、作りたては、美味しいんですよ!
アツアツを頬張りながら、ビールなんか飲んだら・・・サイコーでしょうね。
0720 019

お惣菜やお餅、手作りの胡瓜の漬物なんかも計り売りをしていました。
チョットつまんだけど、美味しかったですよ!
添加物などが一切入っていない、自然の美味しさでした!
0720 017

そして会場中央付近の駐車場にあったもの・・・これナニ?
と思ってみたら、氷のベンチなんだそうです。
水産の町・銚子では、こんな大きな氷が販売されています。
ちなみにこのサイズで1本130Kg程度あるらしいです。
0720 022

「冷たくて、気持ちい!」といいながら、女の子が楽しそうに遊んでいました。
こんなベットに横たわりながら、ビールなんか飲んだら・・・
ヒャッとして、気持ちいでしょうね。
0720 021
まっ、どんな理由にせよ「賑わい」がある事はいいことです!
400mの道路が、久しぶりに活気が戻ってきました。

来月も第4日曜日、8月28日(日)に実施です。

PageTop

銚子銀座

銚子市にも「銀座」があるんです。しかも2つも!!
ひとつは「銚子銀座」、もうひとつは「東銀座」。
(ちなみに「西銀座」はありません・笑)

「銀座」といえば東京の「銀座」が有名ですよね。
その「銀座」、一種のブランドになっており、結果的に全国各地の商店街には
「○○銀座」と呼ばれる商店街や通りが多いそうです。
その数、300とも500とも言われているんだとか・・・。

銚子の銀座通り、昭和40年代~50年代には、毎週歩行者天国が行われており
よく遊びに行った思い出があります。
毎週のようにイベントがあって、街に活気があった、よき時代です。
kyusiga11.jpg

しかし現在の銀座・・・寂しい限り。
車もそれほど通らず、あるお客様も疎らなんですよね・・・。
少子化とか言われていますけど、子供が遊ぶ姿もあまり見られません。
ライフスタイルが変わったからといえば、それまでかもしれませんが、
アノ頃が懐かしい・・・そしてシャッター通りとなった商店街は切ないです。
0720 004

とはいえ、この通りは正真正銘「銚子銀座」。
バス停の停留所にも、その名前はしっかりと刻まれています。
ただ・・・薄くなっているのが、どこと無く寂しい限りです。
0720 006

時代なのかもしれませんが、1日の運行も5本のみ。
車社会だから仕方ないのかもしれませんが、こうやって地方の路線バスって
無くなっていくんでしょうね~。
観光でお見えになったお客様にとっても、二次交通は大切な移動手段なのに・・・
0720 008

そんな寂しげになった銚子銀座が、明日は人が多く集まるイベントがあります。
「第2回 軽トラ市」というイベントが行われます。
あの頃のような賑わい・・・再び街に活気が戻ります。

PageTop

「銚子いわしまつり」について 【お詫び】

新聞やインターネットを介して情報発信をしている「銚子いわしまつり」、
毎日のように多くのお客様にご来店いただき、ご好評を頂いております。
本当にありがとうございます。
コピー ~ 0716 004

特に「いわしづくし」、異なる調理方法で「いわし」を堪能していただくことで、
美味しさの、新たなる発見をされるお客様が続出!
いわしをお楽しみいただいているご様子です。
コピー ~ コピー ~ いわし 060

そんな滑り出しのよい「銚子いわしまつり」ですが、お詫びがございます。
銚子市内の各所に掲出されているポスターに記載されている「スクラッチカード」ですが、
現在品切れのために、お渡しする事ができません。
イベントを管轄している市役所のご担当者さんにもお伝えしているのですが、
どうやら、在庫が無いそうで・・・
増刷することを検討しているとは言っていましたが、どうなることやら・・・

そのような状況ですので、暫く「スクラッチカード」をお渡しする事ができません。
ポスターやパンフレット、新聞でも告知させて頂いているのに、すみません。
0712_20110724095909.jpg

あと、もうひとつ・・・
台風の影響を受けて、海が大荒れ、時化ております。
「銚子さかな料理かみち」では、海の恵を素材にお料理しておりますため、
水揚が無い場合は、お料理をご提供する事ができません。
おそらく現在開催しております「銚子いわしまつり」のメイン素材『いわし』、
そして、今が旬の『磯かき』のご提供が週末頃まで、困難かと思われます。

「楽しみにして来たのに・・・」とか「いわし目当てで銚子に来たのに!」なんて
お叱りを受ける事もありますが、こればっかりは自然の海が相手なので、
どうすることも出来ません。

養殖や冷凍の素材を使えば、満遍なくコンスタントにご提供できるのですが、
やはり、美味しさの点では劣ります。
どうぞ、かかる事情をご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

PageTop

夏休みスタート!

関東・首都圏を中心に、小学校・中学校・高校は本日から夏休みがスタートしました。
ある意味、夏本番!って感じですよね。

そんなスケジュールにあわせて、観光に力を入れている銚子市でも
通常期は、土日運転のみとなっている『岬めぐりシャトルバス』の運行が
本日より8月31日まで毎日運行となりました。
岬めぐりシャトルバス

一日6往復で運行するバスは、銚子を代表するスポットを
効率よく、ぐるりと廻ります。
1日乗車券(¥500)を購入すれば、各スポットを満喫できますよ!

JRの「特急しおさい」と連絡するような時刻で運行されています。
東京・千葉方面から到着すると、バスに乗れる便利さです。
しおさい1号  9:30着 → 岬めぐりシャトルバス  9:40発
しおさい3号 11:25着 → 岬めぐりシャトルバス 11:40発
しおさい5号 13:31着 → 岬めぐりシャトルバス 14:10発
しおさい7号 15:24着 → 岬めぐりシャトルバス 15:45発

同様にお帰りも、銚子発のしおさいに合わせて銚子駅に到着する様に運行されています。
詳しくは、時刻表でご確認ください。
→ 銚子駅発 時刻表
→ 地球展望館発 時刻表

PageTop

作業船

銚子魚市場に、ここ数日間「作業船」が停泊しています。
もちろん、作業稼動をしていると思いますが・・・。

銚子に住んでいると漁船は見慣れていますが、作業船はチョット珍しい存在かも?
「作業船」といっても、その船の機能によりいろいろな作業船が存在しています。

船首に大きなアーチがあるのが、ふだん観る漁船にはあまり無いものですよね。
0719 018

そして、その作業船を大きく別けると・・・
浚渫船(しゅんせつせん)・揚土船(ようどせん)・構造物築造船・
作業補助船・調査船・環境整備船・特殊作業線などがあるそうです。
(まっ、どれがどんな働きをするのかはよくわかりませんが・・・笑)

オレンジ色の油圧ショベルがついているこの作業船は、浚渫船ですね。
大きな柱は、船体を保持するための「スパッド」と呼ばれるものらしいです。
通常3本装備されていて、前部の2本が掘削中の船体を保持し、
後部の1本を移動用に使用するんだとか・・・。へぇ~って感じですね。
0719 020

これも浚渫船なんですかね?
大きなクレーンがついていました。
働く船は、パッと見た感じ地味ですが、港湾施設や、堤防などを含む港湾そのものは
こういった船がないと、作れないものですからね・・・。
0719 017

無骨な感じは、まさに『職人』って感じでした。

PageTop

観光アテンダントさんもオススメ!

7月の3連休、ひとまず終わりました。
どうなるんだろうか?と思っていたお客様のご来店も、
そんな心配はどこへやら・・・多くのお客様にご来店頂きました。

「いわしまつり」の記事を見て食べに来ました!
そんなお客様が今日もいらっしゃいました。
先日、ご来店頂いた銚子市観光アテンダントさんのオススメで
ご来店されたという方もいらっしゃいました。
0716 013

実は先日のプレス取材、店頭の様子と共に、お料理も取材して頂きました。
もちろんできたてのお料理をご用意して、お写真を撮っていただく訳です。
撮影が終わったお料理は、少し冷めてしまいますが、まだまだ食べることはできます。
0716 029

もったいないですもんね!
そこで、銚子市観光アテンダントの鈴木彩子さんに
ご試食を兼ねて、召上って頂きました。
0716 030

いただきます!
そう言って、最初にお箸をつけたのは「いわしの煮付」。
なるほど・・・そこですか。
お刺身かと思ったけど、予想は外れました。
0716 032

パクッとひとくち・・・
「ふわっとして、やわらか~い!」
そうなんですよ!だって、炊きたてですからね!
白いご飯もご用意させていただき、お昼ご飯として
銚子市観光プロデュサーの向後さんと共に、お召し上がり頂いたのでした。
0716 037

来週からは、本格的に夏休みがスタート!
もっと多くのお客様が銚子にお越しになって頂くのを期待しつつ、
いわしを始めとした、銚子の地魚の美味しさを知っていただけたら
嬉しい限りです!

PageTop

多くのお客様が堪能されました!

7月17日(日曜日)。いやぁ~、暑かった!ホント、暑かった!
3連休の中日、多くのお客様にご来店いただきました。
もしかしたら・・・震災以来、一番の賑わいだったかもしれません。
忙しかったけど、なんだか久しぶりの忙しさも、嬉しい限りです!

『昨日より始まった「いわしまつり」の新聞記事を見たよ!』
そんなお声掛けを多くのお客様より頂きました。

そんな訳で、今日は「いわしづくし」が大人気!
まさに「いわしの美味しさ、再発見!」をされたお客様が、
多くいらっしゃったご様子でした。
コピー ~ コピー ~ いわし 060

実は面白い傾向があるんです。
ご夫婦や、お友達連れでご来店頂いた場合、
お二人揃って「いわしづくし」というご注文にはならずに、
「いわしづくし」と「金目鯛づくし」をそれぞれご注文されてるパターンが多いんです。
そして、お召し上がりの際には「それ、チョットちょうだい!」ってな感じで
少しずつ交換されて、それぞれを味わってらっしゃる光景を
何度かお見受け致しました。
コピー ~ 金目鯛づくしnew

「いわし」と「金目鯛」どちらも銚子を代表する美味しい魚です。
ぜひとも、お召し上がりくださいませ。
きっと、お魚好きになると思いますよ!

PageTop

今日から「銚子 いわしまつり」!

7月の3連休、いよいよ今日からですね。
そんな連休初日、本日7月16日(土曜日)から、
銚子市内では「銚子 いわしまつり」が開催されます。


先日、着任したばかりの観光アテンダントさんが
販売促進用の「のぼり旗」と「ポスター」をお届けにお見えになりました。
0716 006

店頭では女将がお出迎え。
アテンダントさん「本日よりいわしまつりが始まりましたのでお持ちしました。」
かみち 女将「はい、ありがとうございます。店頭に飾ります。」
そんな会話を交わしながら、女将はのぼり旗とポルターを受け取りました。
0716 010

実はこの様子、各メディア取材をお受けしておりまして、
チョットした囲み取材のような展開になりました。
地元の銚子テレビさん・大衆日報さん、あと市役所の広報さん
そして読売新聞さん、朝日新聞さんなどなど・・・
6社~7社くらいお見えになっておりました。
早ければ、この様子は明日7月17日の新聞に掲載されるのではないか?と思います。
0716 016

早速、のぼり旗を店頭に立てて、PR開始です。
一人でも多くのお客様に「美味しいいわし」をお召し上がり頂ければ
嬉しい限りです。
0716 020

店内では、早速「いわしづくし」をお召し上がりのお客様がいらっしゃいました。
当然のように、こちらも囲み取材状態!?
ちょっとだけ、ビックリされていたご様子でしたが・・・
ご協力ありがとうございました。
0716 024

そんなわけで、「銚子 いわしまつり」が始まりました。
旬の美味しい「いわし」どうぞお召し上がりくださいませ!

PageTop

モクモク雲。

今日も・・・暑かったです。
青空に浮かぶ雲は、モクモクとした夏らしい雲が広がっていました。
無風状態ではなかったのが唯一の救いだったのかもしれません。
0712 065

途中、通りかかった第二市場の岸壁付近に停泊する船も
なんだかのんびりムード。
水面に太陽の陽射しが照り付けて、それが船体に反射しているこの光景。
なんか、夏っぽいなぁ~と感じました。
午後のヒトトキ、チャプチャプと音を立てている・・・そんな音風景もこの時期独特かも。
0712 088
一般の方は、あまりご覧になる機会が無いと思いますが、
漁船の先端って、こんな格好をしているんですよ。
ちなみにこの漁船で100tクラスでしょうか?
全長は、50m程度もある大きなものなんですよ。
もちろん、まじかで観ると迫力満点!

今年の夏は、どんな夏になるんでしょうかね?
いつもどおりに観光客の皆さんが、ドッと押し寄せる・・・
そんな状況は難しいと思いますが、一人でも多くのお客様に来て頂きたいものです。
0712 070

銚子へのお越し、お待ち申し上げております!

PageTop

「てうし横丁」始動!?

今日も、イイお天気!
渡船場前の交差点からみる青空も、抜けるような真っ青!
夏本番!って感じです。
もう来週から、学生さんは夏休みですもんね。
0712 060

そうそう・・・
銚子駅前通にある「旧十字屋跡地」で、動きがありました。
空き店舗が目立ち人通りもめっきり少なくなった周辺地域、
中心市街地の活性化として大きな鍵を握る旧十字屋跡地の再開発が
ようやくスタートしたようです。
昭和のまちなみの雰囲気を再現!そんなテーマで、屋台村・市場食堂・鮮魚市場など
いくつかの物販店舗・飲食店舗が「銚子漁港市場 てうし横丁」となるそうです。
そして今日はその地鎮祭。
0712 054

震災も手伝って、寂しい話題ばかりが多かった数ヶ月間ですが、
少しだけ明るい兆しが出てくるといいですね。
出来上がると、木造平屋の昭和っぽいレトロ横丁のような仕上がりになるそうです。
パース

ちなみに、もともとあった十字屋銚子店は、昭和51年10月に開店し
東総地区では唯一の百貨店でした。けど惜しまれながらも平成17年11月に閉店。
既設建物での再開を断念し、平成21年4月に建物の解体が終了し、
現在の更地になったまま今日を迎えているわけなんです。

あの頃のような賑わいを・・・とは難しいでしょうが、
けど、観光の拠点になったりとか、地域の方々に利用されるような素敵な商業施設になる事を
期待しつつ、見守りたいものです。

PageTop

みなと祭りまであと1ヶ月!

先月末ごろだったでしょうか、今年2011年の「銚子みなとまつり」のポスターが出来上がり、
市内の施設や宿泊施設、各店舗へ配布が始まりました。
銚子さかな料理かみちの店頭にも貼り出しました。
DSCF7693.jpg
今年の銚子みなとまつりは、8月6日(土曜日)・7日(日曜日)の2日間、
銚子駅前のシンボルロードを中心に行われます

銚子の街が祭り一色となる恒例のみなとまつりの初日は「やっぺおどり」。
グループごとに、企業名や団体名を染め抜いた浴衣やハッピ姿で参加する踊り手。
笛や太鼓などのお囃子に合わせ、手にしたうちわを両手でクルックルッと
回すように動かす独特の踊りで練り歩きます。
盛夏の厳しい暑さの中、踊り手たちは汗だくになりながら踊り続け、
両側の歩道に陣取った、大勢の市民のみなさんや、観光客の皆さんの目を愉しませます。
じつは「やっぺおどり」、老若男女が無理なく踊れる、ゆる~い感じの踊りなんです。
銚子らしいといえば、その“ゆるさ”が、そうなのかもしれません。

そしてメインは、夜を飾る花火大会。
午後7:30からは、利根川上空にスターマインなど華麗な花火が咲き誇ります。
利根川に浮かべた台船から打ち上げられたたくさんの花火が夜空を彩り、
そぞろ歩きをしながら、観覧されているお客様は歓声を上げ、盛り上がります。

そして2日目、たくさんの担ぎ手による「みこしパレード」が行われます。
今年は大人みこし7基、子供みこし6基が、市役所をスタートし、
マイロード、ココロードを通って銚港神社までを練り歩きます。

それぞれのお神輿やお囃子、担ぎ手の違いなんかを比べながら見ると
独特の特徴を発見できたりして、面白く観る事ができるんですよ!

震災の影響により観光で銚子へお出掛けになるお客様が減少していますが
そこはなんとか・・・お祭りぐらいは、パーッと盛り上がってくれると嬉しいですね。

PageTop

梅雨明け!

2011年、どうやら関東地方の梅雨明けが発表されましたね。
関東地方では、平年より12日早く、昨年より8日早い梅雨明けだったそうです。

銚子市内のとある海水浴場でのヒトコマです。
仲良しの3人兄弟と思われるチビッコが、すでに水遊びを楽しんでいました。
おそらく観光でお見えになった方々ではなく、たぶん近所のちびっ子達なんだろうなぁ~
DSCF7733.jpg

そして、別の海水浴場には、海の家が組み立て始められていました。
いよいよ、夏本番ですね!
千葉県や、銚子市が公表している海水浴場の放射線量測定結果によると
銚子の海水浴場は、どのこ海水浴場も安心して楽しめる状況だそうです。
DSCF7737.jpg

PageTop

そういえば、今日って・・・

二十四節季の11番目にあたる「小暑」ですね。
梅雨明けが近付き、暑さが本格的になるころなんだとか・・・。
けど、今年の暑さは尋常じゃありませんね。

そして忘れちゃいけないのが「七夕」ですね。
小学校のころは、よくクラスで短冊を書いたりしましたよね。
小さいころは将来の夢を書くことが多かったような気がしますが、
大人になると、その内容はより現実的な内容になっているのも
なんだか、おもしろい傾向ですね。

たまたま仕事で夕方に外川に行く用事がありました。
こんな機会じゃないと乗ることが無いから・・・と思い
銚子駅から銚子電鉄に乗って、約20分で終点の外川駅に到着。
DSCF7703.jpg

すると駅舎の中には七夕飾りが飾ってありました。
なんか駅の待合室の雰囲気と、とてもマッチしていて
ちょっとノスタルジックな感じが素敵でした。
DSCF7700.jpg

PageTop

いわしを存分に味わってください!

7月と8月の限定で、新たなお料理が登場しました。
今が旬の、とっても美味しい“アレ”です。
銚子といえば“アレ”ですよね。
どんなお料理かというと・・・・
こんな感じで松花堂のお弁当箱に入っています。
いわし 086

では発表致します。
松花堂弁当の蓋を明けると・・・
その限定メニュー名は・・・「いわしづく」
コピー ~ いわし 065
実は数年前まで同じメニュー名のお料理があったのですが、
暫くお休みをさせて頂いておりました。
ガイドブックや旅行番組などでも良くご紹介をして頂きましたので
お客様からは、いまだに「“いわしづくし”ないの?」とよくお尋ねいただいておりました。

ちょうど今の時期は、いわしが美味しいシーズン!
ならば!ということで、期間限定で内容もリニューアルして再登場となった訳でございます。

で、どんなお料理があるのかと言うと・・・・

まずは・・・
鮮度が命のいわし、水揚地ならではの美味しさを堪能できる
『いわしの刺身』
いわし 042
切り身をお醤油につけると・・・その瞬間、
お醤油にいわしの脂がパァーっと広がるのがわかるんですよ。
とまり、そのくらい今のいわしは脂がのっているという事なんです。

そして・・・
白いご飯が、思わず進む定番のおかずは、おなじみですよね。
『いわしの煮付』
いわし 044
新鮮だからこそ、骨からの身離れもよく、
地元・銚子で醸造された醤油で、しっかりと味付けされたいわし。
脂がのっている旬のいわし、その美味しさは炊いても抜群です!

次に続くのが・・・
サックリとした衣をまとって揚物だって、お約束の美味しさ!
『いわしの天ぷら』
いわし 047
揚げたてを、天つゆに浸して、召上っていただくと
ふっくら、そしてしっとりとしたいわしに驚くはずです。
やっぱり揚げたてに限りますよね!

意外な美味しさ・・・
手開きしたいわしを、タレを絡めながら焼き上げたのが
『いわしの蒲焼』
いわし 049
うなぎの蒲焼同様に、ご飯との相性は問答無用のハーモニー。
ついつい、ご飯を食べすぎちゃいますよ!

そして、いわしと言えば・・・
『いわしのつみれ汁』
いわし 037
お吸物を頂くと、なんだか落ち着いちゃうんですよね。
とっても不思議。日本人ならではの感覚なのかもしれません。


『いわしづくし』これだけついている、お得なメニューです。
あっ・・・もちろんこれに、白いご飯がついています。

ちなみに、このお料理を1人前お召し上がりいただくと、
美味しく簡単に、いわしを5~6匹召上ったことになるんですよ。
どうぞ、銚子さかな料理かみちの新メニューを
どうぞご賞味くださいませ。

コピー ~ コピー ~ いわし 060
いわしの美味しさ、新発見! 『いわしづくし』¥1,575
<7月~8月の限定メニューでございます。>

  ※天然のいわしを素材にしております。
    入荷なき場合はご提供できない場合もございます。
    誠に申し訳ございませんが、予めご了承くださいませ。

PageTop

7月なので、涼しげに・・・

毎年のことなのですが、梅雨のまま6月から7月に突入しました。
今年は、ジメジメした雨ばかりの日が少ないように思えます。
けど、やっぱり暑い・・・。

そんな“暑い”と思える日々を、少しでも涼しげに感じていただけたら・・・
というわけで、サンプルケースの中を少しだけ涼しげに“すだれ”を敷いてみました。
0701 009

ちょっとしたことなのですが、少しだけ涼しげな気分になります。
“すだれ”や“よしず”、そして“風鈴”や“打ち水”と、
日本には涼しく過ごすための工夫が沢山あります。
直接的に冷房をかけるだけではなく、観ることで涼しく感じる工夫、
電力不足が想定される今年は、こんな工夫が活躍しそうですね。
0701 007

今年大流行の「緑のカーテン」も暑い夏を快適に過ごすテクニックですよね。
ちょっとした工夫で、猛暑を快適に乗り切る先人の知恵、見習うことばかりです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。