腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お昼寝

銚子電鉄は、鉄道マニアの方にとっては特別な路線のようですね。
歴史があること、今はもうなくなりかけている車両が現役で走っていること。
6.4kmという営業距離数が極端に短いローカル線だって事。
まっ、他にもいろいろとその魅力はあると思います。

そんな銚子電鉄の仲ノ町駅。
車両基地であるが故、写真を撮ったり、貴重な車両を間近で見学したり、
ある種、聖域みたいな場所なんですよ。
駅の出札口で、入場券を購入すれば、その整備エリアに入る事ができます。
0818 085
それにしても、渋いですよね。この出札口。

電車を見学していると・・・
あれ?何かがある??
いや、人がいる??
車庫で止まっている電車の中に・・・確かにいる!
0818 102

どうやら、お昼休みの休憩中ですかね?
お昼寝タイム中でした。
外の気温は30℃を越える猛暑でしたが、車両の中を通り抜ける風は
とっても涼やかで、さわやかなんでしょうね。
気持ちよくお休みになっていました。
ある種、贅沢なお昼休憩ですね。
0818 100
ほほえましい、そんなヒトコマでした。

スポンサーサイト

PageTop

新聞でご紹介頂きました

ブログでもご紹介させて頂きました7月16日より開催されている
「銚子いわしまつり」が本日の朝日新聞(千葉版)で紹介して頂きました。

また新聞記事の中で、銚子さかな料理かみちの「いわしづくし」についても
“銚子いわしまつり”参加店としてご紹介して頂きました。
0815.jpg

新聞効果なのでしょうか・・・。
お蔭様で、本日は「いわしづくし」が『ご好評により完売』となってしまいました。
せっかく新聞をご覧になってお越し頂いたのにもかかわらず、
お料理をご提供できなかったお客様、大変申し訳ございませんでした。

今月末までの限定メニューとなっておりますので、残り約2週間ですが、
どうぞ、またお出掛けいただきご賞味いただければ幸いでございます。
コピー ~ コピー ~ いわし 060

銚子さかな料理かみち
いわしの美味しさ、再発見! い わ し づ く し
刺身・天ぷら・煮付・蒲焼・つみれ汁  1,575円(消費税込)

みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。

PageTop

最終準備!

もうそろそろお盆ですね。
ともなると、さんま漁の解禁日!
出漁に備えて、1週間ほど前から第二市場の岸壁では、
さんま船の最終作業が行われていました。
0805 046

たとえば集魚灯のお手入れ。
クレーンを使って、集魚灯のさおごと外してメンテナンスを行い、
また船に取り付けて、点灯のテストを行ったり・・・
0805 035

そんな集魚灯も、いくつか種類があったリするんですよ。
ご存知時ですか?
色も、一般的な透明色以外にも、赤色灯があったり・・・
魚の習性を十分に調べて、効率よく漁をするためなんです。
0805 044

この日、10日の午後にはご家族や漁協関係者の皆さんに見送られて
漁場に向けて出発していきました。
今年は原発とか、猛暑とか、いろいろな要因があるので心配ですね。
とにも、かくにも、美味しく脂がのった旬のさんまが食べられることを祈りながら
漁の安全を祈願します。
0805 030

PageTop

テレビ放映の様子がWebでご覧いただけます!

先日ご紹介させて頂きました千葉テレビでの放送の模様がWeb上で公開されております。
放送をご覧になれなかったお客様、視聴できないエリアにお住まいのお客様でも
インターネット上からご覧いただけます。
千葉県のホームページ上にあるウィークリー千葉県2011年8月6日放送分から
「今週の動き」の下にある『「特集コーナー」関東最東端の海 銚子』より
ご覧いただけます。

銚子さかな料理かみちのお料理も、2品もご紹介頂きました。
最初は「いわしづくし」
いわしのお刺身が“トロッ”と、とける様な脂のノリに、レポーターさん驚き!
0806 001

そして、もう1品は「金目鯛づくし」
いわしと並ぶ、銚子を代表するお魚です。
15分番組なので、かなり詳しく・・・という内容にはなりませんでしたが
銚子の街の様子や、代表的な観光地、当日のテレに放映と同じ内容が
ご覧になれます。
0806 002

みなとまつりが終わった銚子の街ですが、
まだまだ楽しい夏を楽しめますよ!
そうそう、16日には利根川で「灯籠流し」がありますよ!

PageTop

花火大会開始まで、あと2時間ほど・・・

さきほど、ちょうど17:00より「やっぺ踊り」がスタートしました。
そして、利根川には、花火を打上げる船がスタンバイ。
みなとまつり、スタートです。

銚子さかな料理かみちのある駅前通りのテントでは、
屋台が営業を始めました。
街は、久しぶりに“ウキウキ、ワクワク”した雰囲気に包まれています。
0808 001

やっぺおどりが行われる駅前十字路交差点より利根川に向けた道路は
規制線は設けられ、通行禁止になりました。
0808 002

利根川に程近いお宅にお住まいの方々は、軒先にベンチなどを出して
花火大会見物の準備をしています。
自宅の軒先から花火見物、ちょっと優雅ですよね。
0808 014

会場周辺では、色とりどりの屋台がでています。
花火大会開催まで、あと2時間ほど。
まちどおしいですね。
0808 010

PageTop

いよいよ「みなとまつり」当日です!

1年のうちで、銚子の街が一番盛り上がる日がやってきました。
(元旦の初日の出も盛り上がりますが・・・笑)

今日・明日は、みなとまつりです。
都会へ移り住んだ方も、このお祭りに合わせて規制されるケースも少なくありません。
お盆には帰れないから・・・そんな理由もあるのかもしれません。
0805 016

夕方から、メインイベントの会場となる「河岸公園」では
昨日のうちから、準備が進められています。
0805 051

混乱を避けるため、そして後方の方が見やすくする心配りでしょうか?
川岸に近い部分は立入禁止区域の規制線が設けられたり、
万が一に備えて、救命用の浮輪が取り付けられたりしていました。
備えあれば憂いなし、何も事故が起きずに、無事にイベントが終わることを祈りたいものです。
0805 049

毎年の事ではありますが、場所取りも昨日のうちから行われていました。
正直、これってどうなのか?とモラル面で気になる事はありますが・・・
まっ、行政主導で何らかの対応策を考えなければならない問題なんだと思います。
0805 023

駅前エリアも夜店の準備が着々と行われています。
それにしても出店テントの件数が、昔に比べれば激減しています。
仕方ないのかなぁ~。なんだか、寂しい限りです。
0806 006

お天気もよく、素敵な花火日和になりそうですね。
今日一日、気温も高く猛暑になりそうですね、
それに負けないくらい、今日の銚子の街は、とっても暑い!ですよ。

PageTop

テレビ放映のお知らせ

7月26日のブログでご紹介させていただいたテレビ取材の放映が
明日8月6日(土曜日)に行われます。
千葉テレビの「ウィークリー千葉」という番組でご紹介頂きます。


今週の特集は「関東最東端の海 銚子」
銚子みなとまつりなど震災から立ち直りつつある銚子のまちの様子を紹介しながら、
併せて海水浴場、旬の観光スポット、銚子の夏イベント、イルカウオッチング、
そして特産品情報などの紹介があります。

そんな中で、銚子さかな料理かみちではお料理を2点ご紹介頂きました。
銚子を代表する魚“いわし”を使った「いわしづくし」と
銚子、更には千葉県を代表する魚“きんめだい”を使った「きんめだいづくし」。
レポーターさんの試食を交えて、お料理の美味しさをお伝えできればと思います。

千葉テレビ
ウィークリー千葉県
8月6日(土曜日)  22:00~22:15

千葉テレビがご覧になれる地域の皆様、是非ご覧くださいね。

PageTop

輝くように、ガンバレ!

銚子市のおとなりの「旭市」。
たまたま通りかかったら・・・七夕飾りが街を飾り、キラキラ!

毎年8月6日と7日、街の中心にある商店街が華やかな七夕飾りで彩られ、
神輿、お囃子、踊りなどのパレードが行われます。
なんと!毎年10万人を超えるお客様がお越しになるんだそうです。

街中は大きな七夕飾りで、風が吹くたびに七夕飾りが
キラキラと太陽の光りを反射させいるその様は、とってもキレイ!
0803 045
実は3月11日の震災では旭市の飯岡地区では甚大な被害がありました。
旭市としては死者13名、行方不明者2名。
そして約3300棟もの 家屋の全壊、半壊等の被害を受けたそうです。
さらには、旭市の主要産業である農産物に、福島の原発事故によって風評被害が発生、
現在も多大な損害が発生してんだそうです。

0803 049
被災直後は、その甚大なる被害のために、開催を危ぶむ声もありましたが、
まちに元気を取り戻し、この「旭七夕市民まつり」に一日も早い復興への祈りを込めて、
「のぼる旭 祈りを込めて」をテーマとして開催したそうです。

0803 047
七夕飾りが風を受け、なびくように・・・
そして太陽の光りを受け、光り輝くように・・・

がんばれ、旭市!
 ガンバレ、銚子!
  そして頑張れ、日本!

PageTop

両国駅

東京駅から銚子駅までJRの営業距離は、約120km。
所要時間は、特急しおさいの場合で1時間45分前後。
まっ、そこそこ遠い場所です。(笑)

現在は、銚子へ向けて発車する列車の始発駅は東京駅ですが、
その昔は両国駅が始発駅だったんですよ。
0801 010

昭和33年から準急「犬吠号」の運転が開始されたそうです。
当時は特に夏の時季に、房総への海水浴客を輸送するための臨時列車が増発した程
賑わいを見せたそうです。
現在は総武線各駅停車が発着するホームから見下ろす3番線ホーム。
そんな賑わいは、想像できないですよね。
0801 014

昭和57年のダイヤ改正により、房総方面の急行列車は全廃され、
昭和63年のダイヤ改正で、これら特急列車の両国発着が終了しちゃったんです。
両国駅は総武線各駅停車のみが停車する駅となって、今日を迎えているんです。
その頃を思い出すかのように、両国の駅名の下にはとなり駅を示す欄に
「房総」と書かれていました。後世に伝えるように・・・。
0801 020

いまでも、ごくごくたまに臨時列車扱いで両国駅発の電車があるんですかね?
このホームが人で賑わい、銚子をはじめとした房総の各エリアに
発車する日が、またいつか来るといいですね。
0801 016

PageTop

果たして、これはナニ!?

銚子半島を海岸沿いにぐるっと廻ると、長崎町という小さな漁村を通過します。
銚子つりきんめで有名な外川港と、観光地である犬吠崎に挟まれている場所。
ふだん、何気に通過しているときに、結構前から気になっていたものがあります。
それがこれ!
0801 002

突如登場する石垣で組まれた中に鎮座する「祠(ほこら)」的なもの。
石の様子を見ると、結構前からこの場所にあったのかな?と思われる様子なんです。
けど、鳥居や、看板っぽいものは見つけられず・・・。
個人のお宅の、何かなのでしょうか?
0801 006

お水やお花などのお供え物も、お賽銭箱のようなものもなく、
どんな意味のものなのかもわからず・・・。
今度近くに人がいたら、聞いてみよう!と思うのでした。
0801 004

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。