腹ペコ虎の穴 かみち

全国有数の水揚げを誇る銚子。そんな銚子のまち歩きや、おいしいお魚のご案内など・・・Webでお散歩する様に、銚子の日々をお伝えします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

年に一度。

9月9日は、重陽の節句。五節句のひとつです。
旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれているそうです。
邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、
菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしていたんだとか。
また前夜、菊に綿をおいて、露を染ませておいて、
身体をぬぐうなどの習慣があったそうですが
今となっては他の節句と同じように、あまり実施されていないのが実情です。


そんな重陽の節句・9月9日、1年に一度きり、
3万5千本しか醸造されないお醤油があるんです。
銚子にある“ヒゲタ醤油”で醸造された「玄蕃蔵」です。
(「げんばぐら」と読みます)
玄蕃蔵

伝統の製法と技術で作り上げた江戸造り醤油「玄蕃蔵」は、
一般的に店頭では販売されることの無い特別な品物です。
予約申し込みをして手に入れる方法しかありません。
毎年9月9日重陽の節句に蔵出しされます。

ヒゲタの醤油造りの原点「天・地・人」がキーワード。
  天の恵み・・・天の恵みである選りすぐった原料
  地の利・・・・寒冷期に仕込み、銚子の気候風土で熟成
  人の技・・・・先人の心と技にこだわって醸造する伝統の技法

毎年、頂戴するのですが「限定」だからなのでしょうか? 
やはり「新鮮さ」と「美味しさ」を感じるんです。
最近は、地方の調味料が一種のブームですが、
それらの流行とはチョット違う特別感があります。

けど、1年先まで待てない!そんな方にはこちらがあります。
その名は、特別限定醸造醤油「高倍」。

毎年11月23日の新穀感謝祭に蔵出しされるお醤油もあります。
料理の神様の御名を戴く「高倍(たかべ)」という特別なお醤油です。
千葉県南房総市に鎮座まします高家神社に奉納するために、
年に一度だけ特別に醸造なんです。
このお醤油は、今からでも申し込みが間に合うようですよ!
⇒詳しくはこちら

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。